物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

SONY新フラッグシップスマートフォン「XPERIA 1」発表! 3眼カメラ/21:9アスペクト比画面はXPERIA復活の兆し

SONYがMWC2019にてフラッグシップスマートフォン『XPERIA 1』を発表しました。

背面トリプルレンズカメラ、4K有機ELディスプレイなど攻めの姿勢がイイです。

XPERIA 1の主な特徴

なんといっても大きな特徴が6.5インチでアスペクト比 21:9という超縦長ディスプレイ。劇場のスクリーンと同じアスペクト比という事で、シネマサイズとかシネマスコープと呼ばれるサイズです。解像度は4K 3840×1644でしかもHDR/ OLED(有機ELディスプレイ)です。
※厳密に言うと短辺は1644ドットしかなく、4Kの2160ドットには足りていないので純粋な4Kではないのですが、、、

21:9アスペクト比にはNetflixアプリが対応します。またFortnite等のいくつかのゲームもこのアスペクト比に対応できるようになっています。

基本スペックもフラッグシップスマートフォンだけあり高く、SoC(CPU)はSnapdragon855,RAM 6GB、ストレージは128GB。

背面カメラはXPERIA初のトリプルレンズカメラ。12MP x3でメインレンズではF/1.6と低照度でも明るく撮れる。これに超広角、望遠の機能を持たせたレンズが組み合わされている。背景ボケの写真が撮れるポートレートモードもサポートされる。

指紋認証リーダーは久しぶりに側面に電源ボタンと兼用で配置されました。インディスプレイ指紋認証がトレンドになりつつありますが、実用面ではまだまだ物理指紋認証リーダーのほうが使い勝手がよく、時に側面指紋認証はスマホを置いたままロック解除が出来るのも大きなメリットです。

サイズ的にも横幅72mmは6.0インチだった先代のXZ3より1mmも細い。XZ2,XZ3の厚みは多くの人が不満を持ちましたが、XPERIA 1では8.2mmと一般的なスマートフォンサイズになりました。縦長になったおかげでXZ3比で11mmも縦方向に伸びているのですが、重量は180gとXZ3よの13gも軽量になりました。

そしてXPERIAのフラッグシップと言えば防水ですが、IP68/65防水防塵は引き続きサポートされます。但しXZ2やXZ3で対応していたワイヤレス充電には非対応。

カラーは待望のパープル、それにブラック/ホワイト/グレーの3色。

全体的に、「SONYがやっと反転攻勢」といった感じになり始め、XPERIA好きな私としては素直に嬉しい。他メーカーはフォルダブルスマホを出したりして未来を作っている中、XPERIA 1はまだまだそのに追いつこうとしている段階ではありますが、3眼カメラ、21:9アスペクト比などの攻めの姿勢は追いつく意気込みを強く感じます。

主要スペック

関連ページ

・公式ページ: SONY XPERIA 1

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 居着いたガジェオタ

    久々にソニーっぽいのキター!
    厚みもマトモになって3レンズカメラ!
    最早スマホリング無しにはまともに操作できなさそうな尖ったアスペクト比に有機EL 4K!
    特に記載はないけど恐らくデュアルスピーカーだろうし、期待できそう。
    ソニーのお家芸であるムービーは4Kのシネスコサイズで撮れちゃうし、このスマホとジンバルだけで割とクオリティの高い映画撮影できちゃうんじゃないかw
    あとはこのハイスペックの行使に耐える冷却システムを搭載してるかどうかだけど、、、

    いやー、いいっすな。おかえり僕らのSONY

    • ほんといいっすよね。言葉で表すのが難しいのですが、私には響くデザインに見えました。パープルカラーがそうさせるのかもしれないけど。
      とは言えまだ他社との戦いのスタートラインに立ったという所ですから、まだ安心はできません。でも「XPERIA使ってるの?へぇー(物好きだな)」みたいな風潮があったところから、「お!」と思えるデザイン、スペックになったのは嬉しいしひとまずほっとしましたね。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top