物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【64GB版が17,036円となるクーポン追加!】定番スマホの後継機『Xiaomi Redmi Note 4』発売! 相変わらずコスパ最強

※セール・クーポンコードを追加(最下部に追加しました)

中国のスマートフォンメーカーXiaomiから『Xiaomi Redmi Note 4』が発売されました。Xiaomi Redmi Note 4 Redmiシリーズは、Xiaomiのスマートフォンラインナップの中では「ミドルクラス」で、いわゆるコスパが優れたモデル。そのRedmiシリーズは、Redmi Note3やNote3 Proが発売されており非常に好評でしたが、その後継機となるのがこの「Xiaomi Redmi Note 4」です。

ほぼ同時に上位機種の「Redmi Pro」が発売されており、そちらはデュアルカメラなど見所も多い野心作ですが、この「Xiaomi Redmi Note 4 」は全体的にはコンサバ。ただ驚きは少ないものの、フルメタルボディ、ハイペックなCPUを採用しているわりには価格が安いなど、やはり「Xiaomiさすが」と思わせるものがあります。

スペック的な特徴ですが、まずはCPU(SoC)がMediaTekのHelio X20という点。2.1GHz 10 Core(Deca Core) で、AnTuTuスコアも80,000越えという噂なので、2015年のハイエンド端末レベルはあります。

モデルは2つあり、2GB RAM + 16GBストレージ、3GB RAM + 64GBストレージ。microSDもサポートしますので、ストレージは少なくても良さそうですが、RAM容量が3GBあったほうが余裕度は増しますね。

バッテリーも4100mAhも搭載しているし、5.5インチフルHDディスプレイは綺麗でしょう。基本性能はツボをしっかり押さえている印象です。

主要スペック

  • CPU :MediaTek Helio X20 Deca Core 2.1GHz
  • RAM: 2GB / 3GB
  • ストレージ: 16GB / 64GB
  • ディスプレイ : 5.5 inch Full HD (1920 x 1080)
  • OS: Android 6.0 (MIUI8)
  • バッテリー : 4100mAh
  • カメラ: リア 13MP   / フロント 5MP
  • SIMサイズ: Dual sim Dual Standby, Micro SIM x1 , nano SIM x1
  • microSD: 最大128GB (microSIMと排他利用)
  • USB : MicroUSB interface
  • WiFi /Bluetooth :802.11 a/b/g/n/ac 、Bluetooth4.2
  • サイズ/重量:  151.0 x 76.2 x 8.4 mm / 175.0g
  • ネットワーク: 2G: GSM 900/1800/1900MHz
    3G: WCDMA 850/900/1900/2100MHz
    4G: FDD-LTE 850/900/1800/2100/2600MHz(B1/B3/B5/B7/B8)
  • 日本語ロケール: 不明 (英語/中国語はサポート)
  • その他 : 指紋認証センサー

写真で見る「Xiaomi Redmi Note 4」

Xiaomi Redmi Note 4 Xiaomi Redmi Note 4 Xiaomi Redmi Note 4 Xiaomi Redmi Note 4 Xiaomi Redmi Note 4 Xiaomi Redmi Note 4 Xiaomi Redmi Note 4 Xiaomi Redmi Note 4 Xiaomi Redmi Note 4

Redmi Proとの差別化が難しいが・・・

前述のように、Redmiの新シリーズは、Redmi ProとRedmi Note4という二つのラインナップになっています。Proはかなり野心作で新機能をいろいろと盛り込んでいる反面、Note4は既存のNote3 Proの新型という感じで、何か新しいものという印象が薄いデバイスでもあります。

しかしNote4の凄い所はコスパでしょう。Helio X20を搭載して、2万円という価格はかなり安いと言わざるをません。Proは3万円台でしょうから、コスト面では差別化されていると思います。(Note4も現時点では高いですが、恐らく2万円前後に落ち着くはずです)

さて気になる価格は、64GB版でGearBestでは最初から約3.3万円とちょい高い。16GB版でも2.6万円。現在はプリセール中で、9/30以降の出荷です。Note4とProが同価格になってしまうと、Note4を買う理由が無いのですが、Xiaomiの製品は最初人気があって価格も高め、2ヶ月ぐらいすると落ち着く傾向があり、もうちょっと様子見です。※以下は2GB/16GBモデルXiaomi Redmi Note 4 GearBest他の販売サイトとの比較。これ見るとGeekBuyingがかなり安いですが、高速配送送料も考えるとEverbuyingも安い。

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
GearBest 34,281円 0円 日本郵政 (DHL 639円)
Everbuying $241.71 $5.99 DHL
Banggood 26,028円 1,332円 DHL
Geekbuying $219.99 $15.02 DHL

*価格は64GB版。販売サイトをクリックすると、各サイトで最新価格がチェックできます。

ちなみに高速配送である「Expedited Shipping」はGearBestでは日本郵政なら0円、DHLなら639円でかなり安いです。Everbuyingでは5.99ドル(700円ぐらい)なので、欲しいならトータルの価格で見てもEverbuyingが有利です。

通常の無料配送では15-20営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月かかります。すぐ欲しい方はExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。4-7営業日で届く予定で、配送もDHLやUPSなどの有名国際配送業者となる為、安心感があります。

セール情報& クーポンコード

■GearBestで使えるクーポンコード

Redmi Note4の中でもハイスペック側の、3GB RAM + 64GB ROM版です。カラーはシルバー/ゴールドでクーポン使用可能です。クーポンコード :XIMI4G

GearBest 販売ページ:Xiaomi Redmi Note 4 4G Phablet – HK WAREHOUSE TD-LTE 64GB ROM SILVER

 

■Banggoodで使えるクーポンコード

3GB RAM + 64GB ROM版が、クーポンで18,634円(169.99ドル)で最安値。

クーポンコード :note41111Banggood Redmi Note4 クーポンコードBanggood Redmi Note4 クーポンコード Banggood 販売ページ: Xiaomi Redmi Note 4 Fingerprint 5.5-inch 3GB RAM 64GB

関連ページ

・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」
・Everbuyingの紹介 : 中国のガジェット通販サイト『Everbuying』で安く中華デバイスを買ってみよう
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・Banggoodの買い方ガイド :Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By papaサンキュー

    買いたいと思いますが、日本語はストールされてますか?

    • 日本語はないでしょうね。
      Language: English, Chinese, Traditional Chinese
      ショップROM版になっていれば、日本語版も入っているかも知れませんが、基本的にはMoreLocale2を使用して、日本語を追加してあげる必要があると思ってください。

      日本語化はRedmiProのレビュー記事が参考になると思います。Redmi Note4は使った事ありませんが、恐らく問題無く日本語化出来ると思います。
      http://butsuyoku-gadget.com/xiaomi-redmi-pro-review2/

  2. By 和風総本家

    あぁああああああああ!!
    年末に16GBを15,000円で買ったのに・・・( ^ω^)

    ↑に日本語質問の方いますけど、私もそれなりにXiaomiにありがちな日本語対応カスタムROM探したんだけど無かったからMoreLocaleでなんとかやってる感じです

    ちなみにXiaomiの良いところはAUのCDMA2000対応だから通話も通信もAU一本でいけるってところ!
    AUSIMを通話通信一枚で使ってるけど今のところ不具合無!

    • Xiaomiは値崩れし出すとどんどん下がりますからね(^_^;)
      それにしても64GBがここまで下がるとは、私も思いませんでした。

      日本語化は仰るように概ねMoreLocale2でやっていくしかないですね。私もMoreLocale2様々です。

      CDMA2000対応は確かにいいですよね。私は手持ちがau VoLTE SIMしかないので、なかなか試せませんが。。。。(T_T)

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top