物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

ALLDOCUBEからまたもハイコスパ廉価タブレットが発売! 「ALLDOCUBE KPad」~UNISOC T610搭載でそこそこパワフルで約1.8万円

タブレット/PCメーカーのALLDOCUBEから、またもや10インチクラスのAndroidタブレット 「ALLDOCUBE KPad」が発売されました。

CPUはUNISOC T610と最近ガンガン発売されているUNISOC T618の1つ下ですが、そこそこパワフルで1万円台クラスの廉価Androidタブレットです。

ALLDOCUBE KPadの主な特徴

ALLDOCUBEはKPadはiPlay40 3兄弟(iPlay40/40H/40 Pro)と、更にその上にX Gameというタブレットを発売したにも関わらず、今度は末弟なあたる(のかな?) KPadというAndroidタブを投入しました。

ディスプレイは10.4インチで、解像度は2000×1200のWUXGAと高解像度。これはiPlay40 3兄弟と同じスペックなので、これは上位版と同じなので良い意味で流用していると言えるでしょう。SoC(CPU)はUNISOC T610 8コア 1.8 GHzで、iPlay40 3兄弟やTECLAST T40 Plusに搭載されているT618の低クロック版(T618は2.0GHz)。クロック10%ダウンですが、以前レビューしたBMAX MaxPad10が同じCPUで、AnTuTu v8で187,279点でしたので、低価格帯としてはパワフルです。

メモリは4GBでストレージは64GB eMMCを搭載。microSDは最大2TBまで搭載可能です。4GB RAMなのでライトユースという事になりますが、ネット見たり動画見たり程度なら余裕です。

廉価ながらもスピーカーはデュアルで、動画/音楽試聴で活躍してくれそう。重量も450gでiPlay40H/iPlay40等より25gも軽量です。

またSIMフリータブレットとしても使えます。

4G LTE周波数帯は日本ではSoftBank系のB8プラチナバンド対応。docomoの4G B1/B3にも対応しているので、都市部なら繋がりやすいはずです。

3G WCDMA:B1/5/8 TDS: B34/39
4G FDD:B1/3/5/7/8/20/28A
TDD: B38/39/40/41

全体としてはiPlay40兄弟のやんわりとスペックダウンした末弟ですが、同じSoC(CPU)のBMAX MaxPad10が1万円台前半でバカ売れしましたので、価格次第ではこのKPadもお財布に優しいAndroidタブレットとして君臨するかも知れません。

主要スペック

製品名 ALLDOCUBE kPad
ディスプレイ 10.4インチ 2000×1200 IPS
CPU UNISOC T610 8コア 1.8 GHz
メモリ 4GB
ストレージ容量 64GB eMMC
OS Android 11
カメラ フロント: 5MP
バック : 8MP
ネットワーク IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth V5.0
2G GSM:B3/5/8
3G WCDMA:B1/5/8 TDS: B34/39
4G FDD:B1/3/5/7/8/20/28A
TDD: B38/39/40/41
インターフェース USB Type-C、microSD(最大2TB)、nano SIMx2、
*イヤホンジャック無し(USB Type-C変換)
バッテリー 6000mAh
サイズ 248.1*157.9*8.6mm
重量 450g
その他 2スピーカー

価格

Banggoodでは、169.99ドルとなっています(記事作成時点の価格)。
Banggood販売ページ

日本のAmazonでもALLDOCUBEが販売しており、23,999円です。但し6000円オフクーポンがあり、約1.8万円。
トータルではこちらが安いですね。

Amazon販売ページ

最新割引クーポン情報はこちら
Banggood最新クーポン

関連ページ

・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top