物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

手のひらサイズなのに10000mAhの大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 Redux」が発売

スマートフォン周辺機器メーカーのAnkerから大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 Redux」が発売されました。10000mAhの大容量バッテリーながらも手のひらサイズのコンパクトさが魅力です。

Anker PowerCore 10000 Reduxの特徴

Reduxとは「帰ってきた」という意味で、大人気シリーズであるAnker PowerCore 10000より15%細身の52mmに抑え、女性や学生世代でも持ちやすいモバイルバッテリーとして開発されたとの事。表面もメッシュ加工され、持ちやすく滑りにくいデザインになっています。もちろんPSEマークも取得済み。

性能的には5V/2.4AでQuickCharge等の尖った急速充電規格には対応していませんが、iPhone等がメインなら充分のレベルです。またBluetoothイヤホン等の充電には低電流モードで充電できるようになっています。私も10000mAhのモバイルバッテリーは愛用していますが、やはりデカいというのが難点でしたし、それはバッテリーの大きさに比例するため仕方の無いことでした。が、「Anker PowerCore 10000 Redux」では多少太さはあるものの、5000mAhクラスのモバイルバッテリーに近い幅になったことで大容量バッテリーでも持ちやすくカバンの中だけでなく、ポケットに入れてもでかさばらないと思う。

主要スペック

入力 5V=2A
出力 5V=2.4A
サイズ 約104 × 52 × 25 mm
重さ 約184g
パッケージ内容 Anker PowerCore 10000 Redux、Micro USBケーブル、トラベルポーチ、取扱説明書 (※USB-Cケーブル、Lightningケーブル、ACアダプターは別売り)

価格

既に発売されており、Amazonで3299円で販売中。

Amazon販売ページ

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top