物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【実機レビュー】超小型ながら3ポート65W出力が可能「Baseus GaN USB充電器BS-C915」使ってみた! PCもスマホも任天堂Switchもこれ一つで全てOK

超小型ながら65WのUSB PD出力ができる「Baseus GaN充電器 BS-C915」をTOMTOP様からご提供頂きましたので、使ってみました。

主な特徴

Baseus GaNFast BS-C915は、USB PD 65W出力ができるUSB充電器。

GaNとは窒化ガリウムという素材で、GaNにより電力効率を高めて高密度に設計でき、いま充電器を小型/軽量化する必須技術となっています。
本製品は手のひらにすっぽりと収まるサイズながら、USB Type-C x2,USB Type-A x1ポートのトータル3ポートの充電が出来ちゃいます。プラグ部分は折りたたみでき、カバンにもすっぽり入り邪魔になりません。

3ポートありますが各ポートは、Type-C1が 65W出力、Type-C2 は30W出力、USB Type-Aは30Wとなっています。

また複数のポートで同時充電した際は、以下のようにTotalでMax 63Wとなり出力がやや落ちます

Type-C1 + Type-C2出力:45W + 18W(63W)
Type-C1 + USB出力:45W + 18W(63W)
Type-C2 + USB出力:5V / 3A 15W
Type-C1 + Type-C2 + USB出力:45W + 15W(60W)

最近のラップトップPCは、USB Type-C充電が可能なものが増えており、メーカー純正のデカいACアダプタを持ち歩かなくとも、こうしたUSB PD対応の充電器を持ち歩けば、スマホ等のUSB充電と兼用できるのでとても便利です。

ただPC側は30W/45W/60WとPD充電器に対してそれぞれ必要ワット数が設定されています。そしてだいたいは45W-60Wを推奨しているので、65Wの充電器があれば、汎用性が出てくるのでこうした小型USB PD対応の充電器はとても便利なのです。

  • ブランド:Baseus(Xiaomi Eco-chain Brand)
  • モデル:BS-C915
  • プラグ:米国、EU
  • 色:白、黒
  • 製品サイズ:約。 7.5 * 3.6 * 3.2cm / 2.95 * 1.42 * 1.26in
  • 製品の重量:約120g / 4.23oz

開梱と外観

パッケージを開封していきます。

同梱品は本体とマニュアルのみ。65Wの文字がうっすらとプリントされているあたりがなかなかかっこいい。

マニュアルは英語ですが、充電器だしマニュアルが読めなくても困らないでしょう。

前述のように、USB PDの最大出力は各ポート毎に違います。マニュアルやパッケージにも書いてありますが、それも読まない人がいるのか、こうしてシールが貼ってあります。

シールを取ると、USB Type-C 2ポート/USB Type-Aのオレンジのポートが現れる。

プラグ側にも細かくびっしりと書かれています。

プラグは折りたたみ式。TOMTOPで購入する際に「EU」「US」のプラグがありますが、日本で使うなら「US」プラグを選択すればOK。

使ってみた

先日、ホテルに宿泊した際に使ってみました。
やむを得ぬ急な出張でしたが、このBaseusの65W充電器はこうした出張や小旅行には最適ですね。
これ一つ旅行カバンに放り込んでおけば、ノートパソコンもスマートフォンも任天堂Switchも充電できるのは本当に楽。

なによりもノートパソコンのACアダプタを持っていく必要がないのがすこぶる楽。ちょうど一緒に行った方が、メーカー専用のACアダプタを忘れPCが充電できないと焦っていました。在宅ワークで自宅から出る直前まで充電しながら使っていたので忘れてしまったそうで。幸い1日だけの出張だったのでノートPCのバッテリーだけで大丈夫でしたが、15%以下になってWiFiも切ったり輝度下げたりと大慌てでした。

私の場合は手持ちのhp ENVY x360の15.6インチ PCを持っていったのですが、こちらは問題無く充電可能でした。(ENVY x360は45W以上でUSB Type-Cの真ん中のポート2では充電マーク点かず)

また自宅に戻ってきてから、Surface Laptop3で充電しましたが、こちらは19.5V-2.95Aとほぼ60Wで充電出来ていました。

Surface Laptop3は30Wでも充電できますが、やはり60Wのほうが断然充電も早いので、さっと充電できるのが良いところです。

まとめ

この小ささはメリットだらけで不満点はほぼありません。ただやはり複数同時充電した際に、各ポートのワット数が落ちるのは仕方ないとは言え、やや気になる人も出るでしょうね。例えばホテル着いて、ノートPCと任天堂Switchとスマホを全部充電したいなんて事もあるでしょうし。
そんなときはスマホ+Switchにして、ノートPCは「今晩は使わないから寝る前に単独充電にするか」とかを思案しなければならないでしょう。そうしたことはガジェッターの方なら余裕でOKでしょうが、ワット数とか面倒な事を普段考えずに使う方だと3つ繋いで「あれ?ノートパソコンだけ充電できないのはおかしい」とか思ってしまう人も出る可能性がありそうです。

とは言え、出張や小旅行などの際に、USB充電環境はこれ1つをカバンに入れておけばいいという気軽さは間違いなく大きなメリットです。この小ささと65Wの大出力でしかも3ポートもあるものはなかなかありません。
またPD規格じゃないと充電できないノートパソコン等をいくつか持っていくなら、コンパクトなこの65W PD充電器は手放せないものになるでしょう。

価格

Baseus GaN 65W充電器はTOMTOPで33.99ドル(3,735円)です。
カラーはホワイト/ブラックの2色。日本で使うなら「米国のプラグイン」を選択しましょう。

そして6-9営業日配送の”免税配送”が無料と太っ腹。輸入ですが1-2週間程度で手元に届くので、意外と早く手に入ります。
日本でもAmazon等で手に入りますが、5000円以上と高価です。少し待てるなら輸入したほうが安いですよ。

TOMTOP販売ページ

関連リンク

TOMTOPでの買い物の仕方~日本語もあるので輸入も比較的簡単~会員登録から商品が届くまで

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タブレット

More
Return Top