物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

新しくなったスマホジンバルの定番『DJI Osmo Mobile 2』買ってみた&使ってみた

DJIの3軸スマホジンバルハンドスタビライザー『Osmo Mobile2』を買ってみました。

特徴

初代ではできなかった縦画面撮影や三脚にも取り付けられるなど、ライバルのSmooth-Qができる事は実現しています。バッテリー駆動時間も15時間(Smooth-Qは12時間)です。この駆動時間の差は重さに表れていて、Smooth-Qが440g、OSMO Mobile 2が485gですから、この差をヨシとするかはジンバルに何を要求するかで違ってくるでしょう。

また、パノラマ撮影やタイムラプス撮影ができるようになっています。ぶれないジンバルでタイムラプスを撮りたいという欲求に惹かれて購入してしまいました。価格も1.6万円ぐらいなので、ベーシックなスマホハンドスタビライザーとしては安いほうです。

同梱物と外観

Osmo Mobile2の箱を開けたところ。ジンバルは繊細なデバイスなので厳重に梱包されていることが分かります。私にしては珍しく(?)日本で購入したので、マニュアルもちゃんと日本語です(当たり前ですが)。

Osmo Mobile2のコントロール部。左上のざらざらしているところがジョイスティック。下のMマークが電源兼モード切替ボタン。右上は録画ボタンです。その上にはバッテリーインジケータもあります。
右側には充電用microUSB端子。満充電で15時間使えるので、そう頻繁に充電は必要ではありませんが、スマホに給電しながらとかだと減りは早いかも。左側はズームスライダー。DJIアプリ使用時にこのスライダーでズームができます。ただ所詮デジタルズームなのでギクシャクはします。背面にはUSB端子。スマートフォンに充電したい場合はここから給電する。下部には三脚用ネジ穴。タイムラプス動画を撮る際などは三脚を使いたいところです。以前のモデルはこの三脚穴が無かったのでこれは便利になりました。

使ってみた

あとはスマホを挟んで、水平が保てるように調整したら完成です。

そこで以前台湾に行ったときに使ってみました。まずは普通に夜市を歩き回ってたところ。スマートフォンはXiaomi Mi MIX2Sを使用しています。
DJI Osmo Mobile 2 動画テスト in台湾 士林夜市

夜市は狭く混み合っているので、歩く、人を避けるなど「ぶれる」要素がたくさんあるのですが、うまく揺れを抑えて撮影できていると思います。

また期待していたジンバル+タイムラプス動画も撮ってみました。

ハイパータイムラプス

台湾の街中を数分かけて歩いたのが13秒に。これはこれで味のあるタイムラプスかと思いますが、思いの外ぶれてますね。もうちょっと私がまっすぐ手ぶれしないように気をつけて歩けば良かったんですけど、ジンバルがあるとはいえ、若干重いものなのでなかなか難しい。タイムラプスはまだまだ修行が必要です。

まとめ: 初めてのスマホジンバルならお勧め

DJIというブランドに期待しすぎたというのもありますが、Osmo Mobile2は良くも悪くも「標準的なのジンバルハンドスタビライザー」という感じでした。ジンバルの性能自体は、私が最初に買ったZhiyun Smooth-Qとそう大差ない感じがします。アプリはさすがにDJIのほうが優れているので、そういう安心感はOsmo Mobile2のほうが上です。

ただスマホジンバルに多機能さを求めないなら、Osmo Mobile2でほとんどの人が満たされると思います。私のようにSmooth-Qから乗り換えようみたいな感じだと、そこまで必要ない。なので初めてスマホジンバルを買ってみたいという方向けには最適でしょうし、標準的なものになるので「スマホジンバルってこういうものか」と理解しやすい1台になるでしょう。

価格はAmazonで16800円で販売中。

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top