物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

首の後ろを温めるだけで肩こりが楽に~「グラフェン ネックバンド」レビュー

首が温まる「グラフェン ネックバンド」をGraphene Times様からご提供頂きましたので、使ってみました。

安価な割に効果が高いアイテムでした。

主な特徴

グラフェンネックバンドは、首に巻くサポーターのような形状で、以前レビューしたグラフェンUSBネックピローと同様に首の後ろを温め、血行を促進し、最終的には首や肩のこりをほぐしてくれる健康アイテムです。グラフェンについては先日も記事を書きましたので、こちらを参考にしてくださいね。

新素材グラフェンが民生品化で一気に普及モードに!?

グラフェンネックバンドの機能としては、ネックピローと同様にUSB電源を接続すると、首の後ろが温まるという仕様。ボタンを押すことで3段階(38/40/45℃)に調整可能。
軽量スマートで見た目にも軽快なので、ネックピロー型よりは使いやすいはずです。

同梱物と外観

それでは開梱。

同梱物はシンプルで、マニュアルとネックバンド本体とUSB接続のケーブルだけです。マニュアルは以下のようにちゃんと日本語化されているので安心です。使い方のシンプルなので迷うことは少ないでしょうけど、しっかり日本語化してあるのには好感が持てますね。本体は非常にシンプルでこれだけ。バンドの右側にある金属部にケーブルを接続し、USB電源を繋いで使うだけ。PCやUSB充電器でも使えますが、使い勝手を考えるとモバイルバッテリー一択になるでしょうね。

一応丸洗いできると謳ってますが、チャックがある部分を開けるとこのようにケーブルと接続端子が出てくるので、この中のものを出して洗うことができるようになっています。このネックバンド自体、皮膚に直接触れるので、洗えるというのはメリットですね。

使ってみた

早速使ってみました。モバイルバッテリーを接続するだけと簡単。

あとはケーブルに付いている電源ボタンを押して電源を入れると電源が青くLEDが光る。電源ボタンを押す度に、黄色→赤と変わり、それぞれ温度を示しています。38℃/40℃/45℃と切り替わるので、好きな温度設定で温める事ができます。このあたりはネックピロー型となんら変わりはありません。形状が違うだけ。

ただネックピロー型は傍目にも「あいつなんか凄い事になってるやん」と思えるほど首回りが目立つのに対して、ネックバンド型の本製品は周りにあまり気付かれないレベルで着けることができます。

温度も丁度良く、暖かめのタオルを首に巻いたぐらいの感じ。ホッカイロを入れるタイプを使ったことがあるのですが、カイロが熱くてダメだったり、冬に外部で使うと冷たくて使い物にならない時もあったのですが、これなら確実に温め続けてくれるのでカイロ代わりとしてもアリだなと感じました。

効果はやはりUSBネックピローと同様、凄く良いです。首を温めるとこんなにも違うのかと感じます。肩こりはだいぶ軽減されました。私も妻も首と肩のこりが激しいタイプで、マッサージ機自体も購入して使っていますが、大かがりで重いので始めるまでがおっくうなんですよね。ですが、このグラフェンのネックバンドだと寝る前とか、寝ながらスマホしつつなんて使い方もできるのがいいのです。一応60分で自動切断されるのですが、できれば15分か30分ぐらいでタイマーがついていれば最高でしたね。

価格

このグラフェンネックピローですが、Amazonで2799円とリーズナブルな価格です。

グラフェンなんて新素材なのに試しに買っても良いかなぐらいの価格で提供されるのが良いですね。

クーポンコードも頂きました。10% OFFです。

クーポンコード:  MPQ2RVBG  (有効期限2018/09/28 19:00 ~ 2018/10/31 23:59)

Amazon販売ページ :グラフェンホットネックバンド

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top