物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【宮古島旅行記 #1】関東から格安で行く方法はスカイマークがベスト~下地島空港の使い勝手&感染対策で格安プール付コテージ泊が最高

少し前ですが、実は宮古島に行っていました。

前半は家族とゆったり過ごし、妻と娘は先に帰り、後半は息子と釣り三昧の旅をしてみました。

ワクチン2回接種後ですが、離れのコテージがある宿を取ってコロナ対策も兼ねて、のんびりと過ごしてみました。

今回は予算の比較と、宿、そして下地島空港の使い勝手などをまとめてみました。

宮古島行きフライトが最も安いのはスカイマーク

まずは予算として一番気になるのが飛行機代。

我が家の場合、4人家族でコスト計算は全て私の仕事となっていますので、徹底的に比較します。

羽田/成田空港から宮古島へは以下4つの飛行機会社が就航しています。宮古島には宮古島空港と最近オープンした下地島空港の2つがあり、安価なのはやはり下地島空港便となっています。

  • スカイマーク(羽田-下地島)
  • ANA(羽田-宮古島)
  • JAL(羽田-宮古島)
  • ジェットスター(成田-下地島)

私が今回比較計算したのが以下です。もう少し安い時もありますが、瞬殺キャンペーンだったりしますので、概ね普通にチケットが買える80日前程度での価格比較です。

Air 1人 4名 往復
スカイマーク ¥15,940 ¥63,760 ¥127,520 羽田-宮古下地島
JAL ¥31,890 ¥127,560 ¥255,120 羽田-宮古
ANA ¥32,280 ¥129,120 ¥258,240 羽田-宮古

※スカイマーク運賃は日程変更できる”たす得”

我が家は4人家族なので、総額ベースでは13万円程度も違います。フライトだけでですよ。

スカイマークが下地島空港便を就航したことで、フライト予算は格段に安くなりました。今回宮古島に行くことになったのは間違いなくこのスカイマークさんのおかげで、予算範囲内になったから。

LCCのジェットスターも成田から格安で出ています。セールでは3900円とか飛びつけばありますが、ジェットスター(というかLCC全般)の難点は、荷物を持っていくと値段が跳ね上がる点や、我々がいる横浜から成田へ行くとなると、別途バス代が結構かかり、総額ではスカイマークより高く、JAL/ANAよりは安い程度に収まります。

ジェットスター 1人 4名 往復
運賃+ しっかりMax ¥17,750 ¥71,000 ¥142,000 成田-宮古
成田までのバス代 ¥3,700 ¥14,800 ¥29,600 横浜-成田
ジェットスター合計 ¥21,450 ¥85,800 ¥171,600

*荷物を30kg/1人まで預けられるしっかりMaxを選択した際の価格

バス代だけでなく横浜から2時間程度のバスの旅という時間的ロスもあるので、ジェットスターを選択する事はなく、我が家ではスカイマーク一択でした。

LCCは安くて大好きなのですが、今回のように荷物とかがあると高くなるし、決済手数料とか細々と金を取るので、予約しようとするとだんだん値段が高くなっていくので「思ってたのと違う」と嫌になるのがちょっとマイナスだと思います。表面上の価格を下げてインパクトを出したいのは分かりますが、予約中にじわじわ上がる価格に嫌気がさしてくるのが勿体ない。オプション等全部無く、手ぶら同然という方にとっては良いのですけどね。

下地島空港の使い勝手は良くないので対策すべし

と言うことでスカイマークで宮古島=下地島空港へ。

下地島空港は、宮古空港からだとバスで40分、タクシーやレンタカーなら30分程度の場所にある空港。
もともとパイロットの練習の為の空港だったため、伊良部島隣の下地島というへんぴな場所にあります。

個人的には全然へんぴな場所でも構いません。前述のようにJAL/ANAよりは遙かにコスト的に激安で行けるわけですから文句言う筋合いはありません。

ただ下地島空港には限られたレンタカー屋(トヨタレンタカー等)しかなく、そちらは価格も高かったので、私一人だけバスで宮古空港に移動し、レンタカーを借り、再び下地島空港に戻るという方法を採りました。バスはみやこ下地島空港リゾート線というバスがあり、フライトスケジュールにあわせて運行しています。

もともとは激安レンタカー屋で予約していたのですが、コロナの影響で客足が悪く廃業するという連絡が出発1ヶ月前に来て、なんともやりきれない思いがありましたね。小さいところが潰れるのは致し方ないでは済ませられないと思うんですけどね。と言う事で今回はタイムズレンタカーです。

再び下地島空港に戻るまで約2時間。旅先でこのロスはもったいないのですが、トヨタレンタカー等とタイムズレンタカーを比較して20%ぐらい価格差があったのと、1ヶ月前という直前に近い中で探していたので、選択肢があまりありませんでした。

私は2時間のあいだは移動しているのでまだマシですが、その間ずっと荷物番をしている家族は苦痛だったようで、もし時間が勿体ないと思うなら、下地島空港対応のレンタカー屋が良いでしょう。

ちなみに下地島空港内は、新設されたばかりでとても綺麗。

しかし売店が凄く少なく、食べものも飲み物も観光地価格で食べれます。せめて自販機ぐらいあればいいのに。売店でペットボトルのジュースを買うと250円とかします。

帰りの飛行機は機内でご飯食べようと、売店を探しましたが、フードコートの中のお店がスパムおにぎりを350円ぐらいで販売していて、それぐらいしかありませんでした。(いまはあるのかもしれませんが)

その為、ドリンク、機内食等を安く済ませたいなら、事前に宮古島本島側でコンビニ等で買っておいたほうが無難です。

ホテルは離れのコテージ

ホテルはオーシャンズリゾート宮古島にしました。東平安名崎という宮古島の右端にあるあたりに位置し、ゴルフ場と結婚式場にコテージをくっつけたようなホテルです。コテージですが、キッチンはないので、離れの部屋という感じですね。

石垣島でも宮古島でも来たことある方には分かりますが、こちらは台風だけでなく風雨も結構強く、それも頻繁にあるので、観光できずにずっと部屋の中という事もしばしば。という事で海にはでれないけどプールならOKという日の事も考えて、プール付きコテージにしました。

屋根付きでジャグジーもあります。

部屋はベッドx2,ソファーベッドx2でギリギリ4人泊まれます。ソファーベッドに寝た、私と息子は腰結構痛かった。

それでも、1部屋約20,000円/日ですから、一人当たり5000円ぐらいと激安。普通にホテル泊まったら一人で2万円ぐらいは取られてしまいます。

コテージはコロナ感染対策としてもよく、チェックイン後は他の誰とも会わないので、完全に隔離されているようなもの。ご飯も、チープ飯でして、、、ピザとかお寿司を持ち帰りにして、部屋で食べていました。

市街地から車で30分ほどの立地なので、買いだしにはちょっと遠い場所ですが、ホテル本館側からは素晴らしい景色が拝めますし、交通量もほぼ無い場所で、静かにのんびりできます。

すぐ近くには新城(あらぐすく)海岸、吉野海岸があり、抜群のシュノーケリングスポットになっています。

私が行ったときは台風の関係で、1日しか海に入れませんでしたが、小学生の娘は3時間ぐらいずっとシュノーケリングして大満足でした。

オーシャンズリゾート宮古島は、朝ご飯のバイキング付。あまり食事のやる気は感じませんが、この価格とプール付き部屋の満足度を考えれば無理は言えません。大浴場もありますがコロナの影響で閉鎖されていました。それでも部屋にシャワーはあるし、ジャグジーもあるので、気温も高いですし、問題は無かったです。

1週間ぐらいここで過ごしましたが、ずっと居たいぐらいですね。

楽天トラベル : オーシャンズリゾート宮古島

綺麗な海を見ながらのんびり過ごす

宮古島旅行記はこれが前半。我々は宮古島自体は2回目なので、今回は観光らしい観光はしなくてもいいというスタイルです。

観光とか食事メインなら市街地側のホテルが良いと思いますが、私達のようにもう観光はいいやって方には、今回のオーシャンズリゾート宮古島のような場所はオススメです。

たまに海にいきシュノーケリングや釣り、風が強ければドライブで海を眺めたり、部屋でのんびりしたり。食事も家に居るのとそんなに変わらずピザだの寿司だのを買ってくる。
「そんなんで良いんじゃない?」というのんびりスタイルな旅でした。

が、宮古島旅行記後半は、私と息子だけ数日居残りして、釣り三昧してみました。

後編は後ほど。

関連リンク

今回は楽天トラベルで予約しましたが、ホテルについては随時キャンペーン活用しつつ比較選択がオススメです。

一休.com H.I.S. JTB
るるぶ 楽天トラベル Yahoo!トラベル

 

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top