物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

林檎スマホ似で1万円強「OUKITEL C22」発売~4G LTE B8/B19対応でサブ機としてどう?

中国のスマートフォンメーカーOUKITELから、エントリースマホ『OUKITEL C22』が発売されました。

1万円ちょっとの価格で、4G LTE B19対応、そしてなんと言ってもあのスマホに似ています。

OUKITEL C22の主な特徴

OUKITELのCラインはエントリー向けで、C22は特に”林檎”スマホにがっつりと似せてきました。

ディスプレイノッチもかなり幅があります。Androidスマホのエントリーモデルで最近はデザイン上大きなポイントになるのでノッチ部はパンチホールカメラか極小ノッチが搭載されることが多いのですが、C22は似せることに命を賭けているとも言えるデザイン。確かに中途半端に似せるぐらいなら、思いっきり寄せた方が良いと思う。

本体も比較的薄く軽くなっています。178gは最近のスマートフォンでは軽量ですね。

SoC(CPU)はMediaTek Helio A22 MT6761。AnTuTuベンチマークスコアだと約6-7万点と昨今のエントリー機としては厳しめ。
RAM+ROMは4GB+128GBでストレージには余裕があります。
またmicroSDも使え、128GBまで増量可能。SIMは最近では珍しいmicroSIM+nanoSIM/microSDのデュアルスロットです。カメラ13MP+2MP+2MPの3眼レンズ。

カラーはブラックとグリーンの2色です。

対応周波数帯は4G LTEはB8/B19とドコモ/ソフトバンクのプラチナバンド対応。
ちなみにC22にはEU/Japanバージョン(グローバル版)があり、以下はその周波数帯。日本版が存在しているだけでも凄い事ではありますね。

4G FDD: B1 /2 /3 /5 /7 /8 /19 /20
TDD: 38 /40 /41
3G WCDMA: B1 /5 /8

但しUSB端子がいまどきMicroUSBなのはやや残念。

価格は1万円強とリーズナブル。イロモノスマホではありますが、ドコモプラチナバンド対応のサブ機として良い感じではあります。どうせ安いスマートフォンを買うならiPhone似という話題性がある点は面白いとは思います。

主要スペック

OUKITEL C22
ディスプレイ 5.86インチ HD+ (1520x 720)
SoC(CPU) MediaTek Helio A22 MT6761 クアッドコア 最大1.8GHz
メモリ+ストレージ 4GB+128GB
OS Android 10
カメラ 背面
メイン 13MP
サブ 2MP
マクロ 2MP
深度
前面
8MP
バッテリー/充電 4000 mAh
WiFi/Bluetooth Wi-Fi 802.11 b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
SIMスロット Micro + Nano/microSD
microSD あり
対応周波数帯 4G FDD: B1 /2 /3 /5 /7 /8 /19 /20
TDD: 38 /40 /41
3G WCDMA: B1 /5 /8
サイズ 150.8×73.7×8.9mm
重さ 178g
カラー ブラック/グリーン
その他 ・MicroUSB
・指紋認証背面
・イヤホンジャックあり

価格

Banggoodにて、発売スタートダッシュセールを開催中。
12,290円=109.99ドルです。販売台数に応じて価格があがる仕組みの為、欲しい方はお早めに。

Banggood販売ページ

関連ページ

・公式ページ:   OUKITEL C22
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タブレット

More
Return Top