物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

定番タフネススマホ「Ulefone ARMOR8」発売! 新製品がいきなり約1.5万円~プラチナバンドも対応

中国のスマートフォンメーカーのUlefoneからタフネススマホ「Ulefone ARMOR 8」が発売されました。

先にARMOR9というUlefoneのタフネススマホのラインナップの中ではハイエンドモデルが出ていますが、ARMOR8はどちらかというとミドル~ローレベル向けで、100ドル台の安さが魅力です。

Ulefone ARMOR 8の主な特徴

ARMOR8は、ARMOR6と6Eの後継機という位置づけと思われるタフネススマホです。

ディスプレイは6.1インチで、解像度はHD+(1560×720)で水滴型ノッチを採用。解像度はやや低めですが、HD+でも見た目で断然違うと分かるほどではないので、実用上は問題なく、価格とのバランスで実用性を取ったという事でしょうね。

ただARMOR 6EでもフルHD+でしたから、その辺り考えるとスペックダウンとも言えます。

SoC(CPU)はMediaTek Helio P60でAnTuTuベンチマーク(v7)では15万点ほどでSnapdragonだと660/665あたりと同等のミドル機性能。とは言え、ミドルの中でも低い方なので、ゲームは重いとサクサクとは言えないレベル。ただこの価格帯のタフネススマホで重いゲームする人も少ないでしょうけどね。

メモリは4GBでストレージは64GB。

カメラは背面が16MP(f/2.2)+5MP (マクロ f/2.4)+5MP (深度)のトリプルカメラ。前面は8MP。 タフネススマホなのでIP68/69K防水防塵は当たり前で、アメリカ国防総省制定MIL規格(MIL-STD-810G)にも適合していて頑丈さはトップクラス。ただUSB Type-C端子はキャップレス防水ではありませんし、ワイヤレス充電にも非対応。ARMOR6はワイヤレス充電対応だっただけに、このあたりも価格なりの機能になっています。

タフネススマホではほぼ標準となりつつあるショートカットキーもあります。PTT(PushToTalk=無線機ライクに使える)、SOSやその他アプリに割り当てが可能。

バッテリーは5580mAhで、比較的大容量です。

対応周波数帯は、4Gはdocomo系 B19、au系 B18、SoftBank系 B8と国内3キャリアプラチナバンドに対応。海外のタフネススマホなのにUlefoneは日本を意識しているのが良く分かります。

3G WCDMA: B1/2/4/5/8
4G LTE-FDD: B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/28B/66

カラーは3色。

Ulefone ARMOR8は全体的にARMOR 6の廉価版であるARMOR 6Eの後継機という感じですね。恐らくARMOR 6は価格が100ドル上がってる為あまり売れず、その後出した6Eがかなり売れたはずなので、「スペックそこそこでとにかく安く」というユーザーニーズの匂いを嗅ぎ取ったのでしょう。

個人的にはタフネススマホをアウトドア用にセカンドスマホとして使うなら、このぐらいのスペックと価格で充分だと思います。私の場合、山中のキャンプ、そして船やSUPで陸から離れた海に出たりしますので、3G/4Gプラチナバンドのように低周波数で遠くに飛んでくれる電波が捕まえられるスマホは必須です。そんなときはこうしたそこそこのスペックのタフネススマホが重宝するわけで、しかも廉価なら「アウトドアだけメイン機ね」と気軽に使えるのが魅力です。

価格は170ドル程度が定価のようですが、セール等で139.99ドルの価格も出ています。
この価格なら、スペックダウン分も吹っ飛ぶような安さです。

主要スペック

Ulefone ARMOR 8
ディスプレイ 6.1インチ HD+ (1560×720)
IPS
SoC(CPU) MediaTek Helio P60 MTK6771 オクタコア 最大2.0GHz
メモリ+ストレージ 4GB
64GB
OS Android 10
カメラ ・バック
16MP(f/2.2)
5MP (マクロ f/2.4)
5MP (深度)
前面
8MP (f/2.2)
バッテリー/充電 5580 mAh
WiFi/Bluetooth Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.2
SIMスロット nano SIM + nano SIM
デュアルスタンバイ DSDV対応
microSD microSD (最大256GB)
対応周波数帯 2G GSM: B2/3/5/8
3G WCDMA: B1/2/4/5/8
4G LTE-FDD: B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/28B/66
サイズ 166 x 81.8 x 15 mm
重さ 282g
カラー ブラック/レッド/オレンジ
その他 ・USB Type-C
・指紋認証リーダー
・イヤホンジャック有り
・IP68/IP69K 防水防塵
・日本語あり

価格

Banggoodではプレセール(予約販売)をスタートしていて、価格は139.99ドル(15,177円)で販売中です。

 

日本で使う場合は「Other Area」を選択しましょう。恐らくACアダプタの形状が日本にマッチしているはずです。
販売ページ

販売サイト 有償配送費用 配送会社
Gearbest 5.7ドル Expedited Shipping 3-7営業日配送
Banggood 565円 Japan Direct Mail 10-20営業日配送
ETOREN 主にFedEx 1-3営業日配送
Geekbuying EMS 7-15営業日配送

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページで最新価格をチェックできます。
配送オプションですが、買うなら有償配送がお勧めです。通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はEMS/DHL等のExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。概ね4-10営業日で届く予定で、大手国際配送業者なので安心感があります。ちなみにEMSの場合は遠隔地配送料=Remote Area Feeも掛かりませんので、地方の方には特にお勧めです。

最新割引クーポン情報はこちら
Gearbest Banggood

関連ページ

・公式サイト : Ulefone ARMOR 9
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More
Return Top