物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Xiaomiから「Mi10T/10T Pro」が発売~5G/108MP/スナドラ865搭載で5万円台からと割安原点回帰へ

中国のスマートフォンメーカーのXiaomiからハイエンドスマートフォン「Xiaomi Mi 10T」と「Xiaomi Mi 10T Pro」が発売されました。

価格も500ドル/5万円台からと比較的リーズナブルです。

Xiaomi Mi 10T/10T Proの主な特徴

XiaomiのMi10T/10T Proはフラッグシップスマートフォンながらも価格を6万円程度と比較的抑えた製品となっています。Mi10は発表時は9万円超という価格帯(中国国内は安かったりしてました)でしたが、Mi10Tシリーズは原点回帰と言っても良い価格帯です。

ディスプレイは6.67インチと大画面。低価格になった分、AMOLEDディスプレイからDotDisplayというものに変更さとなりました。RedmiNote9SなどでもTiny DotDisplayが搭載されていますが、安価にパンチホールが搭載できるようで、Mi10Tもご覧のように極小のパンチホールカメラを備え、画面占有率が非常に高くなっています。ディスプレイ解像度はフルHD+(2400×1080)。

またリフレッシュレートはMi10の90Hzから144Hzへと大幅アップ。一般的な60Hzのディスプレイとの比較もXiaomiでは公開しています。

なお映像ソースに合わせてリフレッシュレートを7段階に自動変更するAdaptiveSyncという機能も盛り込まれています。

そしてディスプレイ自体もMi10のエッジディスプレイから、フラットディスプレイへと変更になりました。
ゲーム等の実用面を考えるとフラットのほうが使いやすいと思うので、これは良い改善です。

SoC(CPU)は、Snapdragon865で進化無し。それでも最高峰のSD865 Plusより少しだけ劣るというだけで、コスト的な観点で言うと賢明な選択でしょう。

RAM+ストレージはMi10Tが6GB+128GBと8GB+128GB、Mi10T Proが8GB+128GBと8GB+256GB。
RAMはLPDDR5 で、ストレージは UFS 3.1対応と、こちらは最高峰仕様。

リアカメラは Mi10T、10T Proともにトリプルレンズですが、メインカメラが違います。Mi10T Proは108MPで、OIS(光学手ぶれ補正)あり、Mi10Tは64MPでOIS無し。あとは13MPの広角、5MPのマクロは同じです。

DxOMarkといったベンチマークスコアは出ていませんが、Xiaomiのカメラは定評があるだけに期待できるでしょう。

バッテリーは5,000mAhと大容量で先代のMi10の4,780mAhから10%弱大型化しています。
充電も33Wと高電力で、0→100%はわずか59分です。

指紋認証リーダーは画面内から側面へと移動して電源ボタンと兼用になりました。このあたりはコストダウンの為だと思います。しかし実用性を考えると、画面内指紋認証が抜群に使いやすいとは言えず、それほどデメリットとも思えません。

Mi10Tシリーズは5Gにも対応しています。対応周波数帯は以下の通りですが、4GはSoftBank系 B8のみプラチナバンドに対応。5Gはn77,n78とdocomo/au/Softbankの周波数帯をサポートしています。

5G: n1/n3/n7/n8/n20/n28/n38/n41/n77/n78
4G: LTE FDD: B1/2/3/4/5/7/8/20/28/32
4G: LTE TDD: B38/40/41
3G: WCDMA:B1/2/4/5/8
2G: GSM: B2/3/5/8

Mi10Tシリーズは、Mi10のハイエンド性能を保ちながらも、過剰な機能を現実的なラインに落とし込み、お買い得感を強くしたモデルだと思います。ゲーム機ではなくとも144Hzを使え、ハイエンドスペックである点はかなり魅力的です。

主要スペック

Xiaomi Mi 10T Pro Xiaomi Mi 10T
ディスプレイ 6.67インチ フルHD+ (2400×1080)
リフレッシュレート 144Hz
SoC(CPU) Qualcomm Snapdragon 865 オクタコア2.84GHz
メモリ+ストレージ 8GB128GB/8GB+256GB 6GB+128GB/8GB+128GB
LPDDR5 RAM + UFS 3.1
OS MIUI12 (Android 10 )
カメラ ・バック
108MP(f/1.69 1/1.33インチ) OIS
13MP (123度広角 f/2.4)
5MP (マクロ f/2.4)
30倍デジタルズーム
・フロント
20MP (f/2.2)
・バック
64MP(f/1.89 1/1.7インチ)
13MP (123度広角 f/2.4)
5MP (マクロ f/2.4)
10倍デジタルズーム
・フロント
20MP (f/2.2)
バッテリー/充電 5000mAh /33W PD急速充電/10Wワイヤレス充電
WiFi/Bluetooth Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.1 / NFC
SIMスロット nano SIM x2
デュアルスタンバイ
microSD 無し
対応周波数帯 5G: n1/n3/n7/n8/n20/n28/n38/n41/n77/n78
4G: LTE FDD: B1/2/3/4/5/7/8/20/28/32
4G: LTE TDD: B38/40/41
3G: WCDMA:B1/2/4/5/8
2G: GSM: B2/3/5/8
サイズ 165.1 x 76.4 x 9.33 mm
重さ 218g 216g
カラー コズミックブラック/ルナシルバー/オーロラブルー コズミックブラック/ルナシルバー
その他 ・USB Type-C
・側面指紋認証
・イヤホンジャック無し
・NFC

価格

Gearbestでは既にMi10Tの販売がスタートしています。
6GB+128GBの価格は576.87ドル(62,706円)となっています。7-12営業日配送のExpedited Shippingが無料です。

販売ページ

Banggoodでも販売がスタートし、同じく6GB+128GB版が54,633円とかなり安い。

販売ページ

Mi10T Proは82,540円です。

販売ページ

販売サイト ※Mi10T の価格 有償配送費用 配送会社
Gearbest 無料 Expedited Shipping 7-12営業日配送
Banggood 559円 Japan Direct Mail 10-20営業日配送
ETOREN 主にFedEx 1-3営業日配送
Geekbuying EMS 7-15営業日配送

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページで最新価格をチェックできます。
配送オプションですが、買うなら有償配送がお勧めです。通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はEMS/DHL等のExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。概ね4-10営業日で届く予定で、大手国際配送業者なので安心感があります。ちなみにEMSの場合は遠隔地配送料=Remote Area Feeも掛かりませんので、地方の方には特にお勧めです。

最新割引クーポン情報はこちら
Gearbest Banggood

関連ページ

・公式サイト : Xiaomi Mi10T Pro
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. イヤホンジャック有るの?
    マジ?
    買うわ!

    • 失礼しました。イヤホンジャックは無しです。スペック表修正しました。

  2. >4GはSoftBank系 B8のみプラチナバンドに対応。
    28も対応してる記載ですが、
    28ってソフトバンクのプラチナバンド帯じゃないんですか?

    • ご指摘ありがとうございます。
      B28は周波数帯域的にはdocomo/au/SoftBankのプラチナバンドではありますが、このB28はエリアが限られている(対応エリアが広くない)と言われているので、プラチナバンドとして最重要視すべきはSoftBankだとB8,docomo B19,au B18という認識です。
      違っているようならお知らせ頂けると嬉しいです。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More
Return Top