物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

SONY XPERIA XA2を発表! XA1から何が進化したか?

ラスベガスで行われているCES 2018にて、Xperiaのミドル~ローレンジシリーズとなるXA2シリーズが発表されました。

この発表会で、XA2,XA2 Ultra、L2と3機種発表されましたが、今回はXA2をご紹介。

Xperia XA2の特徴

Xperia XAシリーズは日本では発売されていませんが、Xperiaブランドの中ではミドルレンジに位置するスマートフォンです。

デザインはぱっと見は変わらないように見えますが、全体的に丸みを帯びたものに変わっているのが特徴です。但し厚みが9.7mmもあり、最近のスマートフォンとしては相当分厚い部類です。(ちなみに先代のXA1は8mm)

XA1では搭載されていなかった指紋認証がXA2では背面に配置されています。指紋認証センサーが搭載されることが新機能になるぐらいXperia XA1は周回遅れだったのですが、やっと人並みレベルになりました。

また大きく変わったのは、SoC(CPU)で、XA1のMediaTek Helio P20から、Snapdragon630に進化しました。スナドラ630は、AnTuTuベンチマークでは6.5万点程度のようなので、P20の6.2万点程度からは微増といったところです。

ディスプレイはXA1では5.0インチHDでしたが、XA2では5.2インチフルHDへとこちらも進化。バッテリー容量も2300mAh→3300mAhと1000mAhも大容量化しています。(その分ファットボディなのでしょうが)

カメラは背面は23MP、フロント8MPで画素数は変わりませんが、フロントはセルフィー向きな120度のワイドアングルになっています。

全体的にはXA1からかなりブラッシュアップされていますが、気になるのは厚みですね。8mmから9.7mmと、1.7mmも増加しています。サイドが手に馴染むようにだいぶ湾曲しているので、数字ほどの厚みは感じさせないとは思いますが、それにしてもちょっと太い。バッテリー容量増大の為でしょうが、5.2インチで3300mAhが多すぎるというわけでもないので、もうちょっと頑張れたんじゃないかという気がしています。

またデザインは旧来のXPERIAのオムニバランスデザインを継承し、上下ベゼルは太いままです。このあたりもまだまだ周回遅れ感がある。Xperiaが時代に追いつくのは噂されているXZ2でのフルモデルチェンジまで待たないと行けなさそうですね。(2月に行われるMWC2018での発表が濃厚っぽいです)

スペック

製品 Xperia XA2
ディスプレイ 5.2インチ フルHD (1920×1080) IPS
CPU Qualcomm Snapdragon 630 オクタコア Up to 2.2GHz
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
OS Android 8.0
カメラ 背面 23MP (84度 F2.0)
前面 8MP (120度 F2.4)
バッテリー 3300 mAh
ネットワーク Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 5.0
SIMスロット nano SIM x1
microSD 有り : 最大256GB
3G/
4G(LTE)
GSM GPRS/EDGE (2G)
UMTS HSPA+ (3G)
LTE (4G) Cat13/Cat12
サイズ 142 mm ×70 mm × 9.7 mm
重さ 170g
その他 ・USB Type-C
・指紋認証センサー
カラー Silver
Black
Blue
Pink
サポート言語 日本語不明 (恐らく有り)

フォト/イメージ

関連リンク

・SONY公式ページ : Xperia XA2

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top