物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

海外SIMフリー版「XPERIA 1 Ⅱ5G」がETORENで発売~5G&4G B19対応/イヤホンジャック/無線充電などXPERIA 1と比較して大幅機能向上

SONYのスマートフォン『XPERIA 1 Ⅱ 5G』の海外SIMフリー版がETORENで発売となりました。

一見XPERIA 1のマイナーチェンジに見えますが、筐体は同じでは無く完全に別デザインです。スペックも着実にアップデートされています。

・ETOREN販売ページ: SONY XPERIA 1 -2 SIMフリー

XPERIA 1 Ⅱの特徴

XPERIA 1 ⅡはSONYのスマートフォンのラインナップではフラッグシップ機で、XPERIA 1の後継機となります。

スペック的には時代に合わせて最高級レベルにアップデートが施されています。

4Kディスプレイ

ディスプレイは6.5インチ4K解像度(3840×1644)で、SONYお得意のアスペクト比 21:9の超縦長。
発色の良い有機ELディスプレイは引き続き採用されています。
21:9のディスプレイはノッチがなく、ゲームや映画などの邪魔にならないという良さも引き継いでいます。

SoC(CPU)/RAM/ストレージ

SoC(CPU)はSnapdragon865 オクタコア Max2.8GHzで、先代のXPERIA 1のSnapdragon855から進化。
スナドラ865以上のCPUはなく現在では最高レベル。

メモリは8GBで先代のXPERIA 1の6GBから2GBアップ、ストレージは128GB/256GBで256GB版が追加されています。(国内版XPERIA 1はストレージが64GB、XPERIA 1 Ⅱは128GBです)

カメラレンズが大型化

背面カメラは以下のようにレンズ画素数だけ見ると変わりません。-12MP (f/1.7)
-12MP (望遠 f/2.4)
-12MP (広角124度 f/2.2)

ただメインの12MPは1/2.6型 f/1.6から、1/1.7型 f/1.7と大型センサーへと変更されています。これにより感度が1.5倍上昇。より高精細な写真が撮れます。

バッテリーとワイヤレス充電に対応

大きな進歩としては、バッテリーが3300mAhから4,000mAhへと大容量化。
またQiワイヤレス充電にも対応しています。

イヤホンジャックが帰ってきた

XPERIA 1ではイヤホンジャックがありませんでしたが、XPERIA 1 Ⅱでは上部に3.5mmイヤホンジャックが帰ってきました。

対応周波数帯はプラチナバンド& 5G対応

海外SIMフリー機で一番気になる対応周波数帯は以下の通りです。ETORENで発売されたXQ-AU52という型番のモデルの4Gプラチナバンド対応はdocomo B19とソフトバンク系のB8のみ対応です。
5Gは日本ではdocomoとソフトバンク、auが使うn77/n78に対応。
*3G UMTS HSPA+ (Bands 1, 2, 4, 5, 6, 8, 19)
4GLTE Cat19/Cat13 (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 32, 34, 38, 39, 40, 41, 46, 66) / LTE 6CA/2CA
5G n1, n3, n28, n77, n78

XPERIA 1 Ⅱは日本国内の各キャリアでも発売されますが、SIMフリー版という選択肢がないので困るという方には海外SIMフリー版が良いでしょう。

・ETOREN販売ページ: SONY XPERIA 1 -2 SIMフリー

スペック比較

SONY Xperia 1 Ⅱ SONY Xperia 1
ディスプレイ 6.5インチ 4K解像度(3840×1644) HDR
OLED(有機EL)ディスプレイ
アスペクト比 21:9
6.5インチ 4K解像度(3840×1644) HDR
OLED(有機EL)ディスプレイ
アスペクト比 21:9
SoC(CPU) Qualcomm Snapdragon 865 オクタコア2.8GHz Qualcomm Snapdragon 855 オクタコア2.8GHz
メモリ+ストレージ 8GB 6GB
128GB/256GB 128GB
OS Android 10 Android 9.0
カメラ 背面
12MP (f/1.7)
12MP (望遠 f/2.4)
12MP (広角124度 f/2.2)
前面
8MP (f/2.0)
背面
12MP(f/1.6)
12MP(f/2.4)
12MP(f/2.4)
前面
8MP (f/2.0)
バッテリー/充電 4000 mAh / USB PD、Qiワイヤレス充電 3300 mAh / USB PD
WiFi/Bluetooth Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.1 ,NFC
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0 ,NFC
SIMスロット デュアル nano SIM / シングルSIM
デュアルスタンバイ
デュアル nano SIM / シングルSIM
デュアルスタンバイ
microSD 最大1TB 最大512GB
対応周波数帯 2G GSM GPRS/EDGE (Bands 850, 900, 1800, 1900)
3G UMTS HSPA+ (Bands 1, 2, 4, 5, 6, 8, 19)
4GLTE Cat19/Cat13 (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 32, 34, 38, 39, 40, 41, 46, 66) / LTE 6CA/2CA
5G n1, n3, n28, n77, n78
3G: 1, 2, 4, 5, 6, 8, 19
4G:1,2,3,4,5,7,8,12,13,17,19,20,26,28,
29,32,38,39,40,41,46,66
サイズ 166 × 72 × 7.9mm 167 x 72 x 8.2mm
重さ 181g 178g
カラー ブラック/パープル/ホワイト ブラック/パープル/ホワイト/グレー
その他 ・USB Type-C
・側面指紋認証リーダー
・急速充電 USB PD
・防水: IP68/65
・イヤホンジャックあり
・USB Type-C
・側面指紋認証リーダー
・急速充電 USB PD
・防水: IP68/65
・イヤホンジャック無し

 

価格

ETORENでの販売価格は、123,300円、(記事作成時点の価格)

記事作成時点ではまだ”入荷待ち”ステータスですが、購入は可能。出荷日は6月20日を予定しており、1-3営業日で日本まで届きます。

・ETOREN販売ページ: SONY XPERIA 1 -2 SIMフリー
*但し価格は為替とセールで随時変更となりますので、最新価格はETORENでご確認ください。

ETORENだと輸入消費税がかからない(価格に含まれている)から総額も安く、その上、日本人スタッフ対応や、修理の際は国内の拠点に送るだけでいいなどのメリットがあり、サービスと総額のトータルで見るとETORENはオススメです。ページ自体もリニューアルされ、日本語で見やすくなり、また日本円表示/決済できるなど、かなり日本向けに改善されています。

ETORENについての細かい点は下部にある関連記事をご覧下さい。

関連リンク

・公式サイト : XPERIA 1 Ⅱ 5G
・購入方法 : ETORENで海外SIMフリー版スマホやタブレットを購入する方法~買ってから届くまで
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全
・ETORENトップページ :海外最新商品をいち早くお届け!【Etoren.com】


Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 重箱の隅をつついて回る KEI重箱の隅をつついて回る

    5Gは日本ではdocomoとソフトバンク、auが使うn78/『n79』に対応。

    スペック表にもn79の表記はありませんが対応しているのでしょうか?

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top