物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

Helio X25搭載で6.0インチ3面狭額縁スマホ『Elephone S8』ファースト・インプレッション!

中国のスマートフォンメーカーElephoneが発売した6.0インチ 2K解像度スマホ「Elephone S8 」をGearBest様からご提供頂きましたのでレビューしていきます。

Elephone S8の特徴

Elephone S8 は6.0インチのスマートフォンで、流行の縦長ディスプレイではなく、16:9の一般的なアスペクト比。但し3面狭額縁で初代のXIaomi Mi MIX風です。

解像度は2560×1440と2K解像度で6インチというサイズから考えるとかなり高い解像度。その他スペックも高く、細かいスペック等は以下製品紹介記事やスペック表を見て頂ければと思いますが、Helio X25とMediaTek SoCの中でも最高レベルのものを搭載しているハイエンドスマホです。

細かい製品紹介に関しては、別途記事にしているので下記ご参照ください。

【人気のレッドが239.99ドル】画面占有率 92.4%! 3面ベゼルレス『Elephone S8』が発売! 2K 6インチディスプレイ、Helio X25とハイスペック

今回は初回ということで、開梱~外観レビューを中心にレビューしてみたいと思います。

主要スペック

  • CPU :MediaTek Helio X25 Deca Core 2.5GHz
  • RAM : 4GB
  • ストレージ :  64GB
  • ディスプレイ :  6.0 inch 2K (2560×1440)  ゴリラガラス
  • OS:Android 7.1
  • バッテリー : 4000mAh
  • カメラ: リア 21MP  / フロント8MP
  • SIMサイズ: Dual sim Dual Standby, nano SIM x2
  • microSD: 無し
  • USB : USB Type-C interface
  • WiFi /Bluetooth :802.11 a/b/g/n/ac 、Bluetooth 4.0
  • サイズ/重量:  15.80 x 8.00 x 0.80 cm / 180.0g
  • ネットワーク:2G: GSM 1800MHz,GSM 1900MHz,GSM 850MHz,GSM 900MHz
    3G: WCDMA B1 2100MHz,WCDMA B8 900MHz
    4G LTE: FDD B1 2100MHz,FDD B20 800MHz,FDD B3 1800MHz,FDD B7 2600MHz,TDD B38 2600MHz,TDD B40 2300MHz
  • カラー : ブラック/ブルー
  • その他 : 指紋認証センサー

外観レビュー

ここからは軽く外観を見ていきます。3面狭額縁なので、カメラは下部にあります。両サイドと上部のベゼルは本当に極細で、「Elephone 頑張ったなぁ」と思わず呟いちゃいました。右下にあるのが8MPのカメラ。ホームボタンは指紋認証リーダーと兼務なので使いやすく、指紋の精度も早く違和感なく使えます。USB端子はUSB Type-Cです。右側面はボリュームボタン/電源ボタン。電源ボタンは軽く赤く塗装がされています。(HUAWEI P10シリーズを意識しているのかな?)

トップには何も無し、イヤホンジャックがないので、USB Type-C経由で付属の変換ケーブルを使って使うことになります。
左側面はSIMトレイがあるのみ。nano SIM x2スロットありますが、microSDはサポートされません。このあたりはちょっと残念。6インチというサイズを考えれば、microSDをSIMトレイに載せられるようにするのは簡単だと思うんですけどね。ただストレージは64GBもあるので、普通なら余裕な容量です。

背面。非常に綺麗です。Honor8とか9に近い感じで、光の当たる角度によって煌びやかになるデザインです。これだけキラキラしていると「大事に使わないと」という意識が働きますね。裸では使いたくなくなるので、カバー必須。21MPのカメラの実力については次回レビューでやります。

実重量

実重量の計測です。189gと、6.0インチで4000mAhの大容量バッテリーを搭載していることを考えれば「軽い」です。

流行の18:9ではなく16:9の6インチなので、横幅80mmとやや大きめですが、縦方向にコンパクトな為、比較的バランスが良く持ちやすい。そのため189gという重さは意外と感じづらく、「重い」という印象はありません。

開梱レビューまとめ

今回はレビュー前編として、開梱して外観周りと重さなどを見てきました。

外観はめちゃ綺麗。3面狭額縁のデザインは前面ほぼディスプレイで、16:9の横幅のある6インチということもあり、迫力が凄い。背面も光があたる角度によって艶めかしく色合いが変わるので、高級感の押しが強く、「Elephone気合い入っているな」と感じるデザインです。重さも189gで6インチのスマホとしては意外と重くなく、充分許容範囲内です。

レビューは後編の「日本語化やベンチマーク、カメラをなど使ってみた」編に続きます。外観はいいけど使用感がね・・・という中華スマホでは気になる部分をみていきます。

Elephone S8 の価格

記事作成時点の価格ですが、GearBest では229.99ドルのセール価格で販売中です。

・GearBest.com販売ページ : Elephone S8 4G Phablet – BLUE

カラーはブルーの他にも、ブラックとレッドがあります。赤もまた良い色です。

送料は基本無料ですが、届くまで1ヶ月程度覚悟する必要があるので、早く欲しい方はオプション配送のExpedited Shipping(DHL)をお勧めします。わずか13.70ドルです。こちらは10-15営業日で届きます。

セール/クーポン情報はこちらに追記していくので、こちらも併せてチェックしてみてください。

【人気のレッドが239.99ドル】画面占有率 92.4%! 3面ベゼルレス『Elephone S8』が発売! 2K 6インチディスプレイ、Helio X25とハイスペック

GearBestでの購入方法などは、下記記事に取り纏めていますので、参考にしてください。

・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More
Return Top