物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

ドコモの2015秋冬モデルの見所はnexus5Xだけ。国産スマホの魅力はいつでるのか?

Advertisements

先日、NTTドコモが2015年秋冬モデルとして、13機種を発表しました。

その内、スマートフォンは10機種もあったのですが、既にグローバルでは発表しているXPERIA Z5シリーズを除くと、「お!!」と思った機種はGoogle nexus5Xのみ。

あとは、4.7インチ~5.3インチ程度のスマホで、どれも特徴が乏しいモデルばかり。docomo ドコモ 2015 秋冬モデル

世の中、iPhone6Sだ、Google nexusの新機種だと言っているのに、のほほんとしたモデルばかり並べて、国産スマホとして新しい提案、デザイン、使い道への提案がほぼ無いのは「これでいい」と思っているからなのでしょうか。

かなーり疑問です。ここから書くことは「んなことみんな知ってるよ」と意部分も多々あると思いますが、そういう人はスルーしてください。

新しい提案がない国産メーカー

iPhone6Sでは深押しで利便性が高まる3Dタッチや、動く写真のLive Photosなど、新しい「体験」を求めてきた。これらが実際に使われるかは分からないが、店頭で触った限り3Dタッチはかなり面白い提案だと思う。touch 3D

Androidの場合、Googleがそれら新しい提案をしなければならないものの、OSレベルのソフトウェア開発ではなくとも、新提案はいくらでもできるだろう。

しかし、そういった「ユーザーへの提案」をしている端末はあまりみかけないし、実際「これはいい」というものも無い。何かビジョンがあってそれを実現する為にハードを強化してという部分は、せいぜいXPERIA Z5 Premiumの4Kディスプレイぐらい。

だがXPERIA Z5 Premiumも、4K表示するのは動画・静止画閲覧時だけで、その他はFull HD表示だと何かで見た。4Kを常時表示するとバッテリーが著しく消費される為だとか。本末転倒とはこのことでハードや新しい機能をどう活かすかまで至っていない部分で、何か考えが浅い気がして悲しい。

スマホはもうある程度ソフトウェアをどうやって研ぎ澄まし、新しい魅力にするかの時代に来ていると思う。iPhone6Sのカメラ性能は1200万画素しかない。先代のiPhone6では800万画素だ。それでも「iPhoneのカメラは綺麗に撮れる」。どこかの国のTV局がカメラをiPhoneに切り替えたそうで・・・それくらい時代はハードではなくソフトの力が試されている。

スペックではiPhoneを圧倒できるAndroid端末が国産メーカーにはたくさんあるのに、勝てない。それはハードとスペック頼みでソフトウェアを疎かにしているからだろう。

iPhoneの後追いをしても何も無い

サイズや外観を見ても、打倒iPhoneとか、Android端末として存在感を示そうという気概は全く感じられない。

テンプレートにはまったかのように、4.7インチ~5.3インチ程度のスマホをラインナップし、「iPhoneのラインナップっぽいAndroidありますよ」と言っているかのよう。

もちろんこのサイズが現在のスタンダードであることは分かるし、マスを狙うと言うことは常道だ。しかし、そこには絶対王者iPhoneが居て、同じ価格ならほぼ全員がiPhoneを買うというような状況では、ジャイアントキリングは生まれない。

Appleと同じ事をしても、ブランド力、デザイン、新しい提案力、ソフトウェアの全てで劣るスマホで勝ち目は無いだろう。

このままでは国産スマホはゆっくり衰退の道しかない

国産メーカーがそれでも生き残っているのは、キャリアが新製品をバンバン買ってくれるからだ。高い金でキャリアが端末を買い、キャリアが宣伝し、キャリアが身銭を切ってまで販売奨励をし、場合によっては0円ですら売ってくれる。

そんな商売のやり方だから、国産スマホは生き残っていける。
逆の言い方をすれば、彼らは【自分の足で立っていない】

彼らを立たせているその負担はすべて文句を言わないドコモ・au・ソフトバンクのユーザーだ。それでも魅力的な端末があるなら構わないが、いつまで経っても出せない。0円で売ってくれているから買う人がいるだけで、中途半端に高い価格のふつーのスマホであれば購入者は激減しているはずだ。

私は以前XPERIA Z4が発売された時にも、「SONYはSIMフリー端末で勝ち上がるべし」と書いているが、成功しているとは言いがたくても、SONYはグローバルで健闘している。日本ではキャリア依存だが、それでもチャレンジしている。Panasonicもキャリアスマホは止めて、グローバルで戦っている。

富士通はらくらくスマホを出して日本の高齢化対策をしているとは思うが、魅力的かという観点では微妙な端末が多い。
会社が傾いてしまっているシャープは、もはやチャレンジする気概もあまり感じない。
3面狭額縁のスマホはちょっといいなと思ったが、これを使って世界に打って出るようなデザインの端末までは作れず。

デザインの感性は人それぞれだから、人によっては「arrowsは良いぞ」という人も居るとは思う。自分も嫌いでは無い。

だが、SIMフリー端末を見渡してみると、やはりデザインも価格もなかなかいいものがごろごろしている。先日発表されたhtcの端末もそうだし、nexusシリーズや、ZenFone、HUAWEIなどの中華スマホも流麗なものが多い。これは多様な価値観に響くデザインでないと売れないからだと思う。htc Desire EYE 実機レビュー

国産メーカーは日本人にだけ売れれば良いし、しかもそこそこなものがあればキャリアは買ってくれる。こんなぬるま湯でやっているから残念なスマホしか出せないのだ。

国産スマホが新規一括で80,000円なら、SIMフリーのGoogle nexus6P 32GB 74,800円のほうを買いますよ。一般の人は知らないだけで。そのnexus6Pですら「74,800円は高い!」と言われる時代です。SIMフリーには探せばLTE対応スマホが1万円台というものもあります。キャリア依存の国産メーカーはよく考えた方が良いですよ。SIMフリー機とは戦えないレベルのスマホを作り続けている(価格に見合わない)なら、キャリアに見捨てられた瞬間に即撤退間違いなし。

画面ちっさくてちょっと重いけどガンガン使っても1週間バッテリーが持つスマホとか、値段はそこそこ高いけどiPhoneよりは遙かにかっこいいスマホとか、どこかで突き抜けたものがないともう無理でしょう。

自分は本当に国産スマホを応援したいので、勝手ながら厳しい事も書いてますが、少しずつでも誰かが声を上げないとダメだなと思った次第。とドコモも2015年秋冬モデルを見て思いました。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. SHARP機は120fpsという新たな提案をしてきましたよ
    Z5 Premiumの4Kよりよっぽど実用的で端末の進化を感じられると思います(普段使いでも)

  2. そうなんですよね。「AQUOS ZETA SH-01H」などはハイスピードIGZOディスプレイは素晴らしい。
    ぬるぬる動くのもすごいと思う。4Kディスプレイよりは使い勝手に訴求しているのは激しく同意。

    けど、端末としてみた場合、スライド式の指紋認証解除は時代逆行のレトロ感があるし、デザインはXPERIAのようだし、ボリュームボタンや電源ボタンの位置もいまいち使いづらいだろう。機能としてはすごい。けどユーザビリティという観点までいけてるのかなと。iPhoneを追い越せとまでは言わないけど、AndroidOSの中でも、メーカーができることはもっとあると思う。

    自分が思うのは、「良いものもってんだけどなぁ」ぐらいでは、突き抜けられないでしょということ。

    悪くないけど素晴らしくもない「佳作」レベルだと、同価格帯の他機種と比較してコスパの面で戦えないってことなんです。

  3. By ズルトラ使い

    鋭いご指摘の記事ありがとうございます。
    管理人さんのおっしゃるとおり、本当に日本のキャリアスマホは魅力が
    なくなったように思えますね。
    まさに文字通りガラパゴス化した競争環境のもとに、外来種が入ってきて
    次々と種族が滅亡していくような、そんな姿に見えてしまいます。

    昔はキャリアも(変なサービスばかりでしたが)色々なサービスをうちだし、
    独自性を競いあってきていましたが、今はアップルの割り当てに従って
    iphoneの本体料金を高い通信料を原資にばらまくだけの
    存在に成り下がったように見えます。
    もはやかつてのように、世の中を変えるような端末を作り出す技術も
    アイデアも気概もないのでしょうか。

    富士通が、先日simフリーの新機種、ARROWSM02を発表しました。
    国産メーカーでもキャリアから離れると、こんなに魅力的にコスパ高い機種が
    作れるのかと正直驚きました。
    フリーテルの雅も在庫切れはとにかく、素晴らしい端末だとおもいます。
    国産メーカーにはわたしはまだ技術が残っていると思います。
    (フリーテルは中身は中国産ですが・・・まあ、それをいうと
    世界のスマホのほとんどが中国か台湾製でしょうか)

    ただし、キャリアでiphoneと勝負するのはあまりに分が悪い。
    キャリアも魅力ある端末を作るような気もない。

    なので、ARROWSM02のような魅力的なsimフリー機種を
    ソニー、シャープもつくって、是非国内で販売してほしいと思います。
    そして、キャリアも、もはや端末を作る能力も気概もないのであれば、
    無駄な費用はやめて、端末購入がない、通信のみのプランを作成して、本当に
    MVNOと競いあってほしいと思います。

    そうなれば、SIMフリー端末への見方もさらに変わり、
    国産スマホメーカーの本気度もかわり、さらに面白くなると
    思いますが、いかがでしょうか・・・

    管理人さんの鋭いご指摘に感銘を受けて、書き込んでしまいました。
    大変な長文、乱筆となり、失礼しました。

    • 貴重なコメントありがとうございます。
      「うんうん」と頷きながら読み込んでしまいました。

      ほんとそうですね。
      arrows M02はこの記事を書いた後に発表されたのですが、「富士通やるなー」と感じ入りましたし、フリーテルこそ日本の光のように感じています。

      キャリア主導の端末開発はもうオワコン状態で、どう考えても無理でしょうね。
      良いものが出てくる気配はなく、メーカーも「ドコモ独占販売」みたいな事もなくなってきていて、3キャリアに型番違い・色違いレベルでしか差別化が出来ない状態。
      そうなると「このキャリアじゃないと買えない端末」というのは少なくなっているわけですね。実際ドコモの隠し球はnexus5Xだし、ソフトバンクは「nexus6P独占販売」が売り。
      国産スマホなんて宣伝する価値も無い状態。キャリアから見てもラインナップのひとつでしかなく、彩りを添えているだけの存在なんですよ。

      自分はキャリアがスマホをセット販売するのは悪いことではないと思いますが、どちらかというとメーカーはSIMフリーが主体で端末を作り、その中からドコモは「これとこれを選んでセット販売する」みたいになるのが一番かなと思う。nexusやiPhoneのようにSIMフリー版もあり、キャリア版もあるという感じで。単にバラバラで買うよりオトクですよとか、設定要りませんよーみたいな特典があるレベルで良いと思う。そういう人はキャリアから買えば良いし、MVNOで使う人は自分でやればいい。

      キャリア主導で端末開発を国産メーカーにさせ続けると、無駄にキャリアのリソースを食って、国産メーカー転換期の体力を奪っているのでは無いかと思うので、本当に早く止めて欲しい。(ま、これは想像ですけど)

      そんな中、Arrows M02のような端末が出て、富士通が面白い模索をしているはの良いニュースです。富士通も「キャリア端末だけではダメだ」と感じている証拠ですからね。あとはシャープ・・・頑張れ~

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top