物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

スナドラ660搭載の8インチAndroidタブレット『Xiaomi Mi Pad4』ファースト・インプレッション

Xiaomi から発売された8インチタブレット「Xiaomi Mi Pad4」をGearBest様からご提供頂きましたのでレビューしていきます。

Xiaomi Mi Pad4 の主な特徴

Mi Pad 4は、8.0インチ 1920×1200のWUXGA解像度のAndroidタブレットです。

アスペクト比は16:10となり、Mi Pad3のアスペクト比 4:3のいわゆるiPad mini クローンから脱して、普通のAndroidタブレットとなっています。

一番大きな進化はSoC(CPU)で、Mi Pad 3のMediaTek MTK8176のミドルレンジレベルから、Snapdragon660となり大幅に性能アップし、ミドルハイタブレットとなりました。RAM+ROMは3GB+32GBか、4GB+64GBから選択可能。

またLTEモデルもあります。

 

主要スペック

同梱物&外観

ここからは開封して同梱物を確認しつつ、外観も見ていきます。

今回レビューしているMi Pad4のカラーはゴールド。4GB+64GB版です。

同梱物はシンプルそのもの。USB充電器、USB Type-Cケーブル、マニュアルだけです。
USB充電器はにほんのコンセントでも使えるタイプ。但し5V-2Aまでのもの。Snapdragon660なのでQuickChargeにも対応しているはず

ここからは本体外観をざっと見ていきます。前面のディスプレイですが、非常に発色が良く美しいと呼べるレベルです。

解像度はWUXGA(1920×1200)でアスペクト比が16:10になり、ベゼル幅もまずまず薄く片手でも持ちやすくなっています。下部にはUSB Type-C端子とステレオスピーカーがあります。
右側には電源/ボリュームボタン。本音を言えば、片手でも操作しやすいようにもうちょっとボタンが中央寄りなら使いやすかったと思いますが、もっと上に位置しているタブレットもありますし、まずまず良心的な位置だと思います。上部には3.5mmイヤホンジャック。左側には、microSDスロットがあります。最大256GBまでサポートします。LTEモデルであれば、このトレイがSIM+microSDという組み合わせになるのでしょう。Mi Padシリーズは、microSDをサポートしてこなかったので、初のmicroSDサポートタブレットという事になります。利便性を考えればこれはいい判断ですね。

背面は上部に13MPのカメラがあります。このカメラはシングルですがXiaomiお得意のAIカメラになっています。ただタブレットでAIカメラまで必要かというと微妙ではありますね。

実重量と使用感

実重量を計測してみました。公式サイトでは342.5gですが、実際は340gと公式よりやや軽い。

タブレットとしても8インチで340gは標準的と言って良い重さです。ただHUAWEIのMediaPad M3 Liteとかだと8.4インチで310g、iPad mini 4は304gであることを考えると、もうちょっと軽ければという気もします。ただ手に持って「重いなぁ」と感じる事はないので、実用域には充分あると思います。

開梱レビューまとめ

ファースト・インプレッションとして開梱~外観と使用感、重量と見てきました。iPad mini クローンではなく、普通の8インチタブレットになった Mi Pad 4ですが、Mi Pad 3からちゃんとXiaomiらしさを引き継ぎ、ディスプレイの美しさや、質感の高さを感じました。使用感で言うと、microSDのサポートは大きな進化。いままでMi Padシリーズは「ストレージ増強ができない為、より容量の大きなモデルを買う」必要があったのですが、これで32GB版でも充分に使えるようになります(但しRAMが3GBで今度はこちらが心許ないが)。

次回のレビューでは、Google Playのインストール、ベンチマークなどを試してみます。

Xiaomi Mi Pad4の価格

記事作成時点の価格ですが、GearBest では3GB RAM + 32GB ROMの価格は179.99ドル。

GearBest販売ページ

4GB+64GB版は約270ドルです。

GearBest販売ページ

送料はPriority Lineという配送方法が最低料金になっていて、わずか3.53ドル(400円程度)で5-9営業日配送で届けてくれます。より早く欲しい方は3-8営業日配送のExpedited Shipping(DHL)が選べますが、13.33ドルと送料が高くなるので、Priority Lineの方が良いでしょう。

またMi Pad 4は頻繁にセール/クーポンが発行されるので、こちらも併せてチェックしてみてください。

【LTE版クーポン追加】8.0インチ『Xiaomi Mi Pad 4』発表! スナドラ660搭載で2万円程度とハイコスパもアスペクト比は16:10に変更

GearBestでの購入方法などは、下記記事に取り纏めていますので、参考にしてください。

・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ファーストインプレッションから更新されていませんが、MiPad4は気になるので、続報をお待ちしています。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top