物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

『CHOETECH 60W 6ポートUSB急速充電器』レビュー

広告

CHOETECH様から、『CHOETECH 60W 6ポートUSB急速充電器』をご提供頂きました。CHOETECH 6ポートUSB充電器  レビュー

コンセントにUSB充電器をバラバラと接続していると鬱陶しいと言う方は、こういうマルチポートチャージャーを机の上に一つ置くとすっきりします。また1人でデバイスを多く持っていたりすると、充電器はポート数が多いほど有り難い。

そして最近は急速充電にも対応しているので、急いでいる時にも便利です。

そんなCHOETECH製の6ポート急速充電器を早速レビューしていきます。

価格とスペック

今回紹介するCHOETECH製6ポートUSB充電器は、Amazonでだいたい3,500円~4,000円で販売されています。

USBポート数 6ポート
Total Output DC 5V/9V/12V 60W
Smart Port
出力
DC 5V 2.4A(最大)
Quick Charge2.0Port出力 DC 5V 2.4A /9V 1.7A /12V 1.3A 15W
サイズ 88.4mm x 29mm x 71.5mmcm
重量 158g

パッケージと開梱の儀

同梱物は以下の通りですね。CHOETECH 6ポートUSB充電器  レビュー

・6ポートUSB充電器本体
・電源ケーブル(めがね型)
・USBケーブル
・マニュアルCHOETECH 6ポートUSB充電器  レビュー

マニュアルは英語版になります。CHOETECH 6ポートUSB充電器  レビュー
ちょっと残念ではありますが、USB充電器はマニュアルを読み込んで使うものでも無いし、英語版でも特に問題ないでしょう。

それでは本体の写真をいろいろと見てみましょう。
まず充電側となるポート周り。CHOETECH 6ポートUSB充電器  レビュー

6ポートのうち、上2つが高速充電対応の「Quick Charge2.0ポート」。
下4つは、5V/最大2.4Aです。
Quick Charge2.0ポートに関しては後述しますが、より高速な充電ポートだと覚えておいてください。

背面は電源ケーブル接続口。めがね型コネクタなのですっきりしていますね。CHOETECH 6ポートUSB充電器  レビュー

本体はつや消しのブラックでなかなかかっこいい。CHOETECH 6ポートUSB充電器  レビュー
Ankerの充電器も持っているのですが、ツルツルテカテカですり傷が目立つんですよね。
だからこのようなつや消し塗装は実用上結構有り難いのです。

本体背面には、「Qualcomm認定のQuick Charge2.0ロゴ」がありますね。CHOETECH 6ポートUSB充電器  レビュー

電源ケーブルを接続すると、通電ランプが点灯します。CHOETECH 6ポートUSB充電器  レビュー

Quick Charge2.0ポートに、QC2.0対応のモバイルバッテリーである『CHOETECH Quick Charge 2.0対応 超急速充電15600mAh大容量モバイルバッテリー』を接続して見ました。CHOETECH 6ポートUSB充電器  レビュー

ちゃんとQC2.0対応なので、グリーンに点灯します。

Quick Charge2.0に対応しているのが最大の特徴

このCHOETECH製6ポートUSB充電器の説明をするには、Quick Charge2.0の説明をしなければなりません。CHOETECH 6ポートUSB充電器  レビュー

USB充電器の世界で似たような製品では、AnkerやAukeyの製品群があります。
Ankerでは急速充電対応の規格としてPower IQ、AukeyではAI Powerと言った「急速充電規格」を製品に採用していますが、これらは「USB 5V」の範囲内で最適な電流を流すことで「急速充電」を実施しています。

しかしこのCHOETECH製6ポートUSB充電器は、『Quick Charge2.0』に対応し、それが2ポートあります。Quick Charge2.0ポートはUSB端子が青くなっているので、一目瞭然。

そのQuick Charge2.0はどういう規格かと言うと、9V、12Vと2倍以上の電圧をかけて、どっと電流を流し込み充電させるという規格。その為、急速充電は本当に早い。手持ちのhtc Desire EYEで、0%⇒60%まで30分で充電されてしまうぐらいの高速充電。

但し難点はクアルコムのCPUを乗せたQuick Charge2.0に対応したデバイスのみが対象となると言う点ですね。(クアルコムが作った規格なので)

クアルコムCPU以外の場合は、Quick Charge2.0ポートではなく、その下のSmart Portを利用する事で、Power IQと似たような動作となり、5V/最大2.4Aの範囲内で、充電デバイス側が許容できる最大値で充電をしてくれます。
それでも2.4Aで充電できるのであれば、十分高速な部類です。

より高速なQuick Charge2.0を2ポート備え、そして他社が言う「急速充電ポート」も備えているというのが、この「CHOETECH製6ポートUSB充電器」の最大の特徴というわけなんです。

まとめ:QC2.0対応デバイスを持っているなら買い

このCHOETECH製6ポートUSB充電器はお買い得か?という観点で見ると、3,500円~4,000円と競合他社と比べると、数百円レベルだが微妙に高い。CHOETECH 6ポートUSB充電器  レビュー

だがそれは「同じ機能なら」という前提。

この製品の売りの一つである「Quick Charge2.0」に対応しているデバイスを持っているなら、他社製よりも高速充電が出来るというメリットがあり、価格差分の差はむしろアドバンテージになる。

今後はQuick Charge2.0に対応したデバイスも増えていくだろうし、将来性を考えてこちらを買うというのも悪くない選択です。

私は6ポート全てを埋めるような使い方はしないのですが、それでも2-3デバイスを同時充電したい時もある。また家族旅行などでは各自が充電器をいちいち持ち込むより、これ1つで済ませるのもスマートだ。

まだマルチポート充電器を持っていないのであれば、最初の1台にはオススメです。

関連サイト

CHOETECH公式ホームページ: http://www.choetech.com/

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top