物欲ガジェット.com

物欲に従い、買って、使って、レビューする

3DS LLのような折りたたみ式超小型PC『GPD WIN』が発売中~誰もが欲しいと思えるものが形になってるガジェット

中国のタブレットメーカーのGPDがクラウドファンディングを経て、市販版として『GPD WIN』を発売しました。GPD Win・GearBest.com販売ページ :GPD WIN GamePad Tablet PC

ガジェット好きなら既に知っている製品かと思いますし、私もクラウドファンディングの段階から結構迷っていました。

過去記事 : 5.5インチキーボード付ゲーミングPC!?『GPS WIN』が$299で出資集め中~キーボードとコントローラー一体型

5.5インチHDのタッチスクリーンと、キーボード、スティック、ゲームボタンと見た目の魅力は満載。L1/L2ボタンなどもあります。ぱたんと閉じれば3DS LL風で、ポケットにも入ります。GPD Win

スペックは、下記詳細書いてますが、主なところではCPUはAtom x7 Z8700。Z8750版も存在するようで、このあたりは混乱してます。GPD Winの公式ページではZ8700なので、ここではこれを一応信用して書きますね。

これに4GB RAM + 64GB eMMCという一般的な中華タブレットとほぼ同様のスペック。一部情報では最終的にスピーカーがシングルになりそこに空冷ファンを設けたり、バッテリー容量も6000→6900→6700mAhにしたりと少し紆余曲折あっての発売です。

ゲーム機としては、所詮Atomなのでライトゲームのみでしょう。私的にはコンパクトモバイル機としての使い道が面白そうですね。たったの300gしかないので持ち歩いても楽なのはもちろん、スティックでマウス操作できるし、ボタンでクリックもできる。文章作成は厳しいけど、ちょっとした文字入力は捗るはず。こんなクセが強いガジェット、こんなのみんな欲しいはずです。それを形にしましたって所が夢があるPCです。

主要スペック

  • CPU :Intel Cherry Trail Atom x7 Z8700 Quad Core 1.6GHz, up to 2.4GHz
  • RAM: 4GB
  • ストレージ: 64GB eMMC
  • ディスプレイ : 5.5インチ 1280×720 HD解像度  IPS液晶 Corning Gorilla Glass 3
  • OS: Windows 10 Home
  • バッテリー : 6700mAh
  • microSD: 最大128GB
  • WiFi /Bluetooth :WiFi802.11 a/b/g/n/ac 、Bluetooth4.1
  • サイズ:  15.50 x 9.70 x 2.20 cm / 300.0g
  • Languages: Win10の言語設定から日本語ランゲージパックをインストール可能/
  • インターフェース : USB TYPE-C x1 、USB x1 、microSD x1,ヘッドホンジャックx1、miniHDMI x1

写真で見る「GPD WIN」

GPD WinGPD WinGPD WinGPD WinGPD WinGPD WinGPD WinGPD WinGPD WinGPD WinGPD WinGPD WinGPD Win

他メーカーの追随があるといいな

いくつかのショップからは「少しトラブルが多い(不良率が高め)」と聞いているので、二の足踏んでしまっていたのですが、やはりこの超小型PCは買うべきかなと思ってます。性能的にもAtom x7だし(使ったことはないんですが)、基本的にはCore Mに近い性能なのでAtomとは言えかなり快適かと思う。ファイル管理やちょっとしたキータイプぐらいの軽作業なら楽勝でしょう。

と、私自身Windowsでゲームしないので、理想を言えば6.5インチぐらいで、ゲームボタンを少し減らしてキータイプ幅を少し広めて解像度高めてくれるとより使いやすいかなと勝手に思ったりしてますが、現状はこれだけでも充分イノベーティブです。GPD Winが付けた道筋は一つのカテゴリとして「こういうのもアリ」だと市場に認知されると思いますし、他メーカーが追随する可能性もあるんじゃないかなと思ってます。(日本メーカーがこういうのやればいいのにと思ってますが、まぁーでてこないでしょうね。)

そんなGPD Winの気になる価格は、GearBestで約37,000円で発売中。(記事作成時点の価格)GPD Win GearBest・GearBest.com販売ページ :GPD WIN GamePad Tablet PC

以下、各販売サイトの価格を比較してみましたが、GearBestとGeekBuyingは端末価格では拮抗してますが、1ヶ月以上かかる無料配送はやはり待てないと思いますので、高速配送送料もプラスして比較してしまうとGearBest一択と言って良い価格です。

オンラインショップ 価格 有償配送料金 配送
GearBest ¥37,294 ¥0 日本郵政 *DHLは572円
Everbuying $358.59 $4.99 DHL
Geekbuying $329.00 $21.22 DHL
Banggood ¥41,007 ¥1,015 EMS

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページに行けます。価格はあくまで記事作成時点でのものですので、最新価格は直接サイトで確認してください。(セール等で思いの外安くなっている場合もあります)

ちなみに通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。4-7営業日で届く予定で、配送もDHLやUPSなどの有名国際配送業者となる為、安心感があります。

関連ページ

・GPD公式ページ : GPD Win
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 : GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・Everbuyingの買い方ガイド :中国のガジェット通販サイト『Everbuying』で安く中華デバイスを買ってみよう

コメント2件

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. クラウドファンディングですよ。ファンドであってファインドではありませんよ(小声)

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top