物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【129.99ドルクーポン追加】GPSが40時間/通常使用で24日使える「Amazfit GTR」発売!スマートウォッチの弱点を克服

中国のHuamiからAmazfitブランドの新モデルスマートウォッチ「Amazfit GTR」が発売されました。

Xiaomi Amazfit GTR 価格 スペック スマートウォッチ

Geekbuying

Amazfit GTRの特徴

Amazfit GTRは47mm版と42mm版の2タイプに分かれ、チタン、ステンレス、ジルコニアの3つの素材の違いによりモデルが更に分かれています。

Xiaomi Amazfit GTR 価格 スペック スマートウォッチ

ディスプレイは47mmが1.39インチ(454×454)、42mmが1.2インチ(390×390)。共にAMOLEDディスプレイでGorilla Glass3+AFコーティングがされています。右側にボタンも2つあり、操作性もよさげ。
Xiaomi Amazfit GTR 価格 スペック スマートウォッチ

基本スペックはともに同じで、5ATM(50m)防水、24時間心拍数測定、単体GPSトラッキング、NFC、6軸加速度センサー、3軸地磁気センサー等を装備。

Xiaomi Amazfit GTR 価格 スペック スマートウォッチ

47mm版は410mAhのバッテリー容量があり、通常使用で24日、スタンバイで145日、GPSは40時間もの連続使用が可能です。42mm版は195mAhのバッテリー容量となり、通常使用12日、GPSは22時間と約半分になりますが、それでも充分な性能です。

機能も豊富で、天気情報の表示や音楽コントロール、スマホアプリ(メール/SNS/電話等)の通知などが可能です。Xiaomi Amazfit GTR 価格 スペック スマートウォッチ

HuamiはほぼXiaomiの傘下企業のような形(Mi BandはHuami製)ですが、HuamiのAmazfitシリーズが大成功して「Xiaomiの下のHuami」から「あのXiaomiも出資しているHuami」にイメージが変わりつつあります。そしてこのAmazfit GTRはHUAWEI Watch GTシリーズと機能的にはライバルとなり得そうにも関わらず、売値が150-200ドルほどとなかなかのリーズナブル。

特にGPSトラッキングを楽しみたい方には、40時間連続使用、「スマートウォッチは充電が頻繁で」と悲観的な方には通常使用で24日という圧倒的なバッテリー性能で安心して使えます。やはり実用的なレベルでと考えるとスマートウォッチの充電は週に一回程度であれば面倒くささもかなり減るので許容範囲かと思いますが、GPS使わなければ実質2週間程度は使えそうなレベルなのはかなり魅力的です。

価格

Gearbestでは47mm版がなんと149.99ドルでセール中。他ショップは200ドル超なのでこの価格はかなり安いです。Xiaomi Amazfit GTR 価格 スペック スマートウォッチ

販売ページ

販売サイト 価格 有償配送費用 配送会社
Gearbest 149.99ドル 4.33ドル Expedited Shipping 3-9営業日配送
Banggood 159.99ドル 3.35ドル Express Shipping 3-9営業日配送
ETOREN 主にFedEx 1-3営業日配送
Geekbuying 231.99ドル 7.34ドル EMS 7-15営業日配送

※販売サイト名をクリックすると、各販売ページで最新価格をチェックできます。

配送オプションですが、買うなら有償配送がお勧めです。通常の無料配送では10-25営業日かかりますので、早くて2週間、遅い場合は1ヶ月半かかります。すぐ欲しい方はEMS/DHL等のExpedited Shipping=高速配送のOptionを付けましょう。概ね4-10営業日で届く予定で、大手国際配送業者なので安心感があります。ちなみにEMSの場合は遠隔地配送料=Remote Area Feeも掛かりませんので、地方の方には特にお勧めです。

セール/クーポン情報

Banggoodで使えるクーポンです。47mm版です。

139.99ドルクーポンコード :   BGJPGTR   (2019年9月16日まで)
Banggood販売ページ


Gearbestで使えるクーポンです。

42mmタイプ
129.99ドルクーポンコード:  AMAGTR42
販売ページ

47mmタイプ
139.99ドルクーポンコード:  AMAGTR47
販売ページ

 

最新割引クーポン情報はこちら
Gearbest Banggood

関連ページ

・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.comの買い方ガイド :「中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで」
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 : GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 風吹けば名無し

    HaumiではなくHuamiではありませんか?

    • ご指摘ありがとうございます。
      1個間違えたものがオートコレクトで(涙)
      ただいま修正しました。

  2. 音楽はプレイヤー付きだったのがコントロールに変わっちゃったんですかね。。。残念です。
    ランニングのときスマホ持ちあるかないでpaceで聴いてたので・・・

    • コメントありがとうございます。
      それは確かにそうですね。ランニングの時のスマホほど邪魔なものはないので(;O;)

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top