物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

3兄弟は何が違う? フラッグシップスマートウォッチ『Amazfit GTR3 Pro』『Amazfit GTR3』『Amazfit GTS3』3製品をZeppHealth (旧Huami)が一気に日本で発売へ

スマートウォッメーカーのZeppHealth (旧Huami)からフラッグシップにあたる『Amazfit GTR3 Pro』を含め、『Amazfit GTR3』『Amazfit GTS3』が日本で発売されました。

Amazfit GTR3/GTR3 Pro/GTS3の違い

3タイプのGTR3/GTS3シリーズとなっていますが、GTR3/3 Proは円形、GTS3はスクエア型のディスプレイとなっているのが大きな違い。

Amazfit
GTR 3 Pro
Amazfit
GTR 3
Amazfit
GTS 3
ディスプレイ 1.45インチ 480×480 AMOLEDディスプレイ 1.39インチ 454×454 AMOLEDディスプレイ 1.75インチ 390×450 AMOLEDディスプレイ
バッテリー 450mAh 450mAh 250mAh
バッテリーライフ 通常使用 : 12日間
ヘビーユース : 6日間
バッテリーセーブ : 30日
GPS連続使用 :35時間
通常使用 : 21日間
ヘビーユース : 10日間
バッテリーセーブ : 35日
GPS連続使用 :35時間
通常使用 : 12日間
ヘビーユース : 6日間
バッテリーセーブ : 20日
GPS連続使用 :20時間
GPS あり(GPS、GLONASS、Galileo、BDS、みちびき) あり(GPS、GLONASS、Galileo、BDS、みちびき) あり(GPS、GLONASS、Galileo、BDS、みちびき)
防水 5気圧防水(5ATM) 5気圧防水(5ATM) 5気圧防水(5ATM)
機能 バイブレーション: あり
ヘルストラック: SpO2(血中酸素),血圧,心拍,歩数,座りすぎ,睡眠,気圧,ストレスレベル
音楽再生:スマホ無しで再生可能
バイブレーション: あり
ヘルストラック: SpO2(血中酸素),血圧,心拍,歩数,座りすぎ,睡眠,気圧,ストレスレベル
バイブレーション: あり
ヘルストラック: SpO2(血中酸素),血圧,心拍,歩数,座りすぎ,睡眠,気圧
ネットワーク ・スピーカー
・マイク
・AI音声アシスタント(Alexa)
・マイク
・AI音声アシスタント(Alexa)
・マイク
・AI音声アシスタント
重さ 32g 32g 24.4g
カラー ブラウンレザー/インフィニットブラック ムーンライトグレー/サンダーブラック グラファイトブラック、アイボリーホワイト、テラローザ

Amazfit GTR3 Pro

GTR3 Proは円形ディスプレイとしては最大級の1.45インチ 480×480の高解像度AMOLEDディスプレイを搭載。ベゼルを補足していることで70.6%と高い画面占有率です。

GTR3と共通ですが、サイド上部のの竜頭(リュウズ)が回り設定項目を移動できるカーソルの役割を果たし、タッチ操作性が格段に向上しています。

バッテリーライフは通常使用で12日、ヘビーユースで6日。GPS連続使用は35時間もあります。
24時間の心拍測定はもとより、24時間のSpO2測定も搭載され、90%を割り込むような場合には警告されるなど、まさにヘルストラッカーとして機能します。

3GBメモリを搭載しているので、約400曲音楽データを格納しておき、Bluetoothイヤホンとペアリングすれば、スマホレスで音楽を楽しめます。

またスピーカーとマイクを搭載し、音声AIアシスタントのAlexaにも対応。SIMはありませんが、BluetoothとWiFiでネット接続していれば、GTR3 Pro単体で「ハイアレクサ!」が可能です。

Amazfit 日本公式サイト&ストア

Amazfit GTR3

GTR3はGTS 3 Proのやや小型版で、ディスプレイは1.39インチ 454×454解像度のAMOLEDディスプレイです。
大きく違うはバッテリーライフと単独音楽再生の有無。

バッテリーライフは通常使用で21日、ヘビーユースで10日。GPS連続使用は35時間変わりません。
このバッテリーライフ21日は驚異的で、正直GTR2の難点がバッテリーライフでした(GTR2は通常使用で14日/GTS2eは24日)

ただGTS2と上位にあたるGTR3 Proにあるスピーカーがなく、単独音楽再生機能も無いので、実質的にはGTS2eの後継機というのが正しいと思います。

スピーカーはありませんがマイクは搭載され、Alexaには対応します。

Amazfit 日本公式サイト&ストア

Amazfit GTS3

GTS3はGTS2/2eの後継機で、GTS3と同様に右側にリューズがあり、GTS2から大幅に操作性が向上しています。

ディスプレイも大型化されて、GTS2の1.65インチから1.75インチ 390×450解像度のAMOLEDディスプレイになりました。

バッテリーライフは通常使用で12日、ヘビーユースで6日。GPS連続使用は20時間とGTS3/GTS3 Proからはダウン。これは過去のGTSシリーズも同様なので仕方ないのですが、ヘビーユースだと1週間持たないので少し使い勝手が悪いかも知れません。GTS2から単独音楽再生モード/スピーカーが省かれているのも、マイクがあってAlexaに対応する点もGTS3と同様です。

Amazfit 日本公式サイト&ストア

価格と個人的思惑

価格は以下の通り。発売記念キャンペーンで、1980円の換えバンドがプレゼント中です。

  • Amazfit GTR3 Pro  : 39,800円
  • Amazfit GTR3  : 34,800円
  • Amazfit GTS3  : 28,800円

価格はかなり上がってしまいました。初代が1.3万円ぐらい、GTS2が2万円弱、GTS3の日本販売価格は2.8万円と代を重ねる毎に8000円ずつぐらい値上がりしています。GTS3 Proはほぼ4万円です。

もちろん日本販売価格のため、各種法令/規格/テストの取得等々でお金が掛かっている為とは思いますが、さすがに気楽に買える金額では無くなってきました。

それでも個人的には初代Amazfit GTSを1年以上愛用していたので、GTS3は購入したいなと思っています。
GTR3のバッテリーライフは凄く魅力ですが、やはりスクエア型は見やすく情報量的にも豊富なんですよね。

Amazfit 日本公式サイト&ストア

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつも楽しく拝読させていただいてます。
    初代Amazfit GTR (liteですが)を使っていたのでそろそろ乗り換えようと思っていたのですが、日本向けにはなかなか強気な価格設定ですね。日本でも正規販売されるのはありがたいですし、その分高くなるのは承知の上ですが、現地価格の2倍以上(GTR 3 Proの現地の定価は999 CNY ≒ 18000 JPY)となると少し考えものですね…

    • いつも見て頂いてありがとうございます!励みになります。

      そうなんですよね。価格がちょっと強気すぎるんですよね。
      たぶん元値を知らない日本人にブランド構築したいのでは無いかと思います。
      確かにAmazfit製品はスマートウォッチとしてはモノがいいので、ブランド力はありますし、分かる気もします。
      せめて中国価格の30%増しぐらいだったら、断然日本で買うんですけどね。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top