物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【レビュー】OneOdio「SuperEQ S1ヘッドホン」~5000円台でアクティブノイズキャンセリング付で装着感もデザインもいい欲張りヘッドホン

OneOdio 社のワイヤレスヘッドホン「SuperEQ S1 」をOneOdio 様からご提供頂きましたのでレビューしていきます。

5000円台と手軽な価格ながらもアクティブノイズキャンセリング機能が付いて、45時間使えるワイヤレスヘッドホンです。

主な特徴

SuperEQはOdioのサブブランドで、より若者向けにしたカラーと価格帯が特徴のブランドです。

SuperEQ S1はファッション性と機能性を備えたヘッドホン。5000円台でアクティブノイズキャンセル機能が付いている点が最大のウリ。

そのアクティブノイズキャンセル機能と45時間再生、折りたたみ式でコンパクトにもなります。またノイズキャンセルだけでなく外部音も聞けるモードも備えているので、完全に外部音をシャットアウトしたり、その中間ぐらいにして外の音も取り込みながら音楽を聴くこともできます。

技適も取っているので、安心して使えますね。

開梱と外観

さっそく開梱していきます。

同梱物は、micro USBケーブルと3.5mmオーディオケーブル、飛行機用アダプタ、マニュアル、キャリングポーチとなっています。充電器はないのでユーザー側が別途用意する必要があります。とはいっても昨今USB充電器/PCのUSB端子も無いという方は少ないので、影響はほぼ無いでしょう。

マニュアルは多言語で、日本語版もあります。

SuperEQ S1ヘッドホンは両方のイヤーパッド部が折り曲がるようになっているので、コンパクトに折り畳めて、キャリングケースに入れて持ち運べる。

余談ですが、うちの娘がこのヘッドホンを凄く気に入っていて、こうして折り畳める事で親戚の家や旅行とかにも持っていき易いと喜んでいます。娘は飛行機の中で気圧の変化で耳が痛くなるのですが、以前こうしたヘッドホンしていたら痛くなかった(音楽でごまかしただけ?)ので、ヘッドホン大好きっ子なんですよね。

パッドは柔らかくふかふか。レザー調で耳当りがとてもよい装着感です。L/Rの表記がパッド部にあるのも親切です。

右側にはコントロール系が集中しています。下側はmicro USB充電端子、その上が3.5mmジャック搭載、その上がモード等を変更するマルチファンクションボタンです。今どきmicro USB端子というのはやや残念ですが、45時間も使えるので、頻繁に充電が必要という事はありません。

SuperEQ S1ヘッドホンは基本的にはワイヤレスですが、この3.5mmジャックを使って有線接続も可能です。

これはかなり便利。添付品に飛行機用ジャックがありましたが、フライト時には「電波を発する機器の使用」がNGなケースもありますので、そうしたケース等では有線接続したいわけで、「有線もできる」というオプションは助かりますね。

上側にはボリュームボタンと真ん中には電源ボタンがあります。長押しで電源On/Offが可能。

ヘッドホンは左右各々3-4cmぐらいの調整かせ可能です。

使ってみた

早速使ってみました。ペアリングは簡単で、Bluetooth検索してペアにするだけ。

よく使うAmazon MusicやApple Music等で聴いてみました。

やはりノイズキャンセリングが良く効いてますね。というか隣で妻と娘が話していても全然聞こえないぐらい。
外にも持ち出していろいろと使ってみましたが、外部音も聞けるモードにすると、車の音や駅でのアナウンスなども聞き取れ、過度に音が聞こえなくて怖いという事はなく安全に使うことができました。

音もノイズキャンセリングのおかげもあって集中して聴けますし、音自体も広がりを感じます。
クラシック音楽も聴いてみましたが、低域/高域ともに充分な迫力で聴き応えがありますね。
ボーカル曲も声の通りが良くクリアに聞こえています。

前述のようにうちの娘はSuperEQ S1がカラー→デザイン、そして圧迫感もなく装着感が良いので凄くお気に入り。

少し前まではリビングで勉強するにも家族が居たら気になって集中できないと文句言ってましたが、ヘッドホンしてノイズキャンセリングオンにして音楽聴きながら勉強するようになりました。

総括と価格

音は誰が聴いても良い音だと感じるぐらい迫力と広がりのあるのを体感できると思います。

あえて不満点を言うとすれば万人向けで特に低音が極めて強いというような個性が無い。ただこれはこの価格帯でそうした無茶な個性を出すのはあり得ないし、万人向けはむしろ良い点と言っていいでしょう。

カラーも今回はホワイトxレッドで若々しさもありつつかっこよく、清潔感もあり妻にも娘にも好評でした。
これ以外にもブラックxレッドがあるので、男性で「白はちょっと派手目に見える」と気にするなら、こちらが良いでしょう。

ワイヤレスにも有線にもできる点は使う場面や利便性をその時々で使い分ける事ができるのも便利です。

価格もアクティブノイズキャンセリング機能が付いて5000円台という価格は非常に安く、買いやすい価格帯です。

このSuperEQ S1ヘッドホンはAmazonで5,999円で発売中です。

ただクーポンも頂いており、

コード適用後は4,199円と、1800円オフの大幅値引きです。

Amazonで使えるプロモーションコード :  MHBRDYSB   *有効期間:2021/6/19まで

Amazon販売ページ

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top