物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

【97.99ドルクーポン追加】不自由を自由に変えろ! AndroidOS搭載スマートウォッチ「Zeblaze THOR 4 Pro」レビュー

※TOMTOP様からクーポンを頂きました※最下部に追加しました。

AndroidOS搭載スマートウォッチ「Zeblaze THOR 4 Pro」をTOMTOP様からご提供頂きましたのでレビューしていきます。

主な特徴

Zeblaze THOR 4 Proは、Android7.1.1を搭載したスマートウォッチ。

WearOSではなく、ピュアなAndroidが載っているので、スマホ用のアプリをインストールすることが可能。スクリーンは1.6インチ 320×320のタッチ対応。CPUにはMediaTek MTK6739と、現行のローエンドスマホ(UMIDIGI A3 Pro等)のもので、中身はほぼスマートフォンです。メモリは1GB/ストレージは16GB。

nano SIMスロットもあり、SIMを入れれば単独でネットワーク通信が可能です。

主要スペック

  • CPU: MTK6739 1.25GHz, Quad Core
  • ディスプレイ: 1.6インチ LTPS 320*320 Pixel
  • タッチ対応: あり
  • ROM:16GB
  • RAM:1GB
  • SIM Card: Single SIM (Nano SIM)
  • カメラ: 5.0MP
  • WiFi 、BT: 802.11a/b/g/n 、BT 4.0
  • GPS: GPS / GLONASS
  • Mic/Speaker: Support
  • OS: Android 7.1.1
  • ネットワーク: GSM—850(B5)/900(B8)/1800(B3)/1900(B2);
    WCDMA—850(B5)/900(B8)/1900(B2)/2100(B1);
    4G FDD—2100(B1)/1900(B2)/1800(B3)/850(B5)/2600(B7)/900(B8)/B12/800(B20);
    TDS-CDMA—B34/B49;
    TDD—B38/B39/B40/B41
  • センサー: 心拍, 加速度計
  • バッテリー: 600mAh Standby Time: 48h
    OTA Upgrade: Support
  • 日本語 : あり
  • 重量: 76g

開梱と外観

開梱して外観を見ていきまょう。

同梱物はUSBマグネットケーブル、マニュアルのみ。マニュアルは英語です。

ディスプレイは1.6インチ 320×320ピクセルで、発色も良くて見やすい。タッチ対応なのでスワイプで通知を出したり、アプリ一覧をだしたりといった操作が可能です。右側には二つのボタンと真ん中にはカメラがあります。このカメラを使うというのは盗撮っぽくて勝手に使う側がどきどきしますが、一応は撮れます。上のボタンは画面OFF/ON、下のボタンは”戻る”系の操作になります。タッチディスプレイがあるので、選択、確定はタッチ操作で実施することになります。バンドはレザー調。裏側はラバーになっていて、汗をかいても劣化しないように配慮されています。

裏側には充電端子とカバーがあり、そのカバーを外すとnano SIMスロットが現れます。

ペアリング&アプリ

THOR 4 Proの初回起動時にQRコードが表示されます。とりあえずこのままにして、ペアリングするスマホ側にアプリをインストールします。アプリは「WiiWatch 2」というもので、Google Play、App Storeで入手可能。

WiiWatch2を起動し、「接続」をタップするとQRコードリーダーとなるので、そこでTHOR4 ProのQRコード画面を読み込ませるとペアリングが完了できます。

使ってみた感想

早速使ってみました。

ディスプレイはLTPSなのですが、視認性/発色も良くとても見やすいです。太陽光下でも違和感無く普通に使えます。

単体でGPSもあるので、フルバージョンのGoogle Mapがスマートウォッチ単体で使えます。Androidアプリは基本全て使えるのはメリットとして大きいでしょう。(とは言えAnTuTuなど負荷が高いものは、途中で落ちてしまい使えない事もありました)

通知もしっかり受け取れて、こんな感じでメールタイトルと配信元が分かるので、だいたい理解ができます(私のはDMメールで残念でしたが~)。

ただどのアプリからの通知を受け取るかが設定できず、恐らくはスマホで通知設定しているものを全て受け取るようになっています。そのため「スマートウォッチ側で受け取る通知はLINEと電話だけでいい」というような使い方が出来なかった。

また残念なのがアプリで、せっかくのフィットネストラッカーがその日しか表示出来ず、データ/グラフ化してくれません。THOR4 Pro自体は直近1週間分を棒グラフ化してくれて表示はありますが、そのデータをスマホ側でため込んでいるのですからそのあたりはしっかりしてくれないとちょっともったいない。でもAndroidOSだから別アプリの、、、例えば「RunKeeper」を使う事も当然可能で代替は可能です。

ざっと1週間ぐらい使い続けましたが、バッテリーは概ね1日ちょっど持つぐらいで、使い方により更に消耗が激しい可能性があります。GPSを使えば格段にバッテリー消費が大きいので注意が必要。モバイルバッテリーで充電できるとは言え、THOR4 Proの背面に充電ケーブルを接続して使うわけで、実質その間は使えない。つまり充電しつつ連続使用もままならないわけで、使う側は使う用途によっていろいろと対策を考えさせられる事になります。

総括と価格

Zeblaze THOR 4 Proの価格はTOMTOPで99.99ドル(11,298円)のセール価格で販売中です(記事作成時点の価格)。

自由と引換えに不自由も手にする。そんな感じが適切なスマートウォッチ。

Android OSで好きなアプリを使える。その代わりスマートウォッチに最適化されていないから思ったように使えないこともある。それでも自由が良いなら間違いなく嬉しい1台。本分にも書きましたが「WiiWatch2という連携アプリのフィットネストラッカーはイマイチだ。でもPlayストアで別アプリ探してきて使えるぜ」というのができるので、アイデアや工夫次第で楽しみ方が変わるのは、AndroidOSを搭載しているTHOR4 Proならではです。

TOMTOP販売ページ

クーポン

TOMTOP様からクーポンを頂きました。2ドルの値引きですが、送料の足しにしてください。

97.99ドルクーポンコード:  STEJP

TOMTOP販売ページ

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More
Return Top