物欲ガジェット

物欲に従い、買って、使って、レビューする

持続時間倍増の14日に!スマートウォッチ『Amazfit GTS 2e』発売~価格も下げて約1.5万円と真の後継機に

スマートウォッチメーカーのAmazfitから『Amazfit GTS 2e』とGTR2eと同様に”e”がついたスマートウォッチが発売されました。

Amazfit GTR2eと同様にGTS2の廉価版ではありますが、バッテリーライフが伸びるのでこちらが正式なGTSの後継機とみても良いぐらいです。

Amazfit GTR 2eの特徴

Amazfit GTS2の廉価版であるGTR2eですが、兄弟機のGTR2eと同様に基本的なデザインはそのままに、少しだけ機能を絞ってメリットを強調したスマートウォッチとなっています。個人的にはこれが本来のGTSの後継機であるべきかなと思います。

基本的にはGTS2の機能の大半を受け継いでいますので、ここではGTR2との違いをメインに書いていきます。
GTS2についての詳細はこちらの記事をご覧ください。

進化した「Amazfit GTS 2」スマートウォッチ発売~3D曲面画面で初代よりゴージャスに!スマホレス音楽再生,通話/Alexa対応など大幅進化

GTS2/GTS2eの違いをまずは外観から紹介していきます。
ひとつはベゼルカーブで、GTS2eは2.5Dカーブとなっています。またサイドの材質、ボタンの材質が変更になり、ゴージャスさみたいなものが無くなっています。

カラーも変更され、GTS2ではゴールド、グレイ、ブラックでしたが、GTS2eはライラックパープル、モスグリーン、オブシディアンブラックの3色となっています。

そして最大のメリットがバッテリーライフの改善。GTS2では通常使用で7日と、以前GTSを愛用していた私からするとやや心許ないバッテリーライフ。しかしGTS2eでは14日と倍増しました。これは先代であるGTSと同じです。バッテリーライフの短さによりGTS2の購入をためらっていた方も多いかと思います。

そしてセンサー系では細かい所ですが、温度計機能が追加されています。

得たものがあれば失うものもあります。

まずはスピーカーが無くなっています。これによりGTS2eでは通話機能が無くなりました。マイクは継続採用されているので、AI音声アシスタントを使うことは可能です。

また、スマートウォッチ単体での音楽再生機能も無くなりました。GTS2/GTR2ではスマートウォッチ側に音楽ファイルをぶち込んでおくと、スマホ無しでも音楽再生ができました。これはスマホを持たずにジョギングにいく際に便利なのですが、スピーカーが無くなる=音楽も聴かないだろうという面とバッテリーライフや価格面でのせめぎ合いの結果でしょう。

その他はほぼGTS2と同じ。SpO2(血中酸素濃度)の測定もできるし、GPSも付いているのでGPSロギングも可能です。失った機能もありますが、それを使わない(重視しない)なら、バッテリーライフが倍増して14日と2週間になった点はかなり大きいので、メリット/デメリットで考えるとメリットのほうが大きいと感じますね。
GTR2eと同様にもはや改良バージョンと言っても良いぐらいです。

価格も1.5万円程度と4000-5000円ほど安くなっていますし、こちらがベストバイでしょう。

主要スペック

Amazfit GTS 2e Amazfit GTS 2
ディスプレイ 1.65インチ 348×442 AMOLEDディスプレイ 1.65インチ 348×442 AMOLEDディスプレイ
バッテリー 246mAh 246mAh
バッテリーライフ デイリーライフモード : 14日間
バッテリーライフモード : 24日間
デイリーライフモード : 7日間
バッテリーライフモード : 20日間
GPS あり あり
防水 5気圧防水(5ATM) 5気圧防水(5ATM)
機能 バイブレーション: あり
ヘルストラック: SpO2(血中酸素),血圧,心拍,歩数,座りすぎ,睡眠,気圧、気温
バイブレーション: あり
ヘルストラック: SpO2(血中酸素),血圧,心拍,歩数,座りすぎ,睡眠,気圧
音楽再生:スマホ無しで再生可能
重さ 25.0g 24.7g
その他 ・マイク
・AI音声アシスタント
・スピーカー
・マイク
・AI音声アシスタント
カラー ライラックパープル、モスグリーン、オブシディアンブラック デザートゴールド、アーバングレイ、ミッドナイトブラック

価格

Banggoodでは、15,215円となっています。(但しまだArrival Notice=メアド登録しておくと在庫時にメールが届きます)
10-15日配送のJapan Direct Mailが826円です。

Banggood販売ページ

またAliexpressのAmazfit公式オンラインストアでは既に発売中です。

Aliexpress販売ページ

関連リンク

・公式サイト : Amazfit GTS 2e
・Banggoodでの買い物の仕方 : Banggoodで買って輸入してみよう~買った商品が届くまで
・GeekBuyingの紹介 :GeekBuyingでガジェット輸入してみる? 中国のガジェット通販サイトGeekBuyingの紹介
・GeekBuyingの買い方ガイド : GeekBuyingの買い方ガイド~ユーザー登録から決済手続きまでやってみた
・GearBest.comの紹介 : GearBest.comを利用して中華デバイスを安く輸入するのも面白い
・GearBest.com買い方ガイド : 中国のGearBest.comでデバイスを買って輸入する方法~注文から届くまで
・紹介記事: 海外ガジェット通販『ETOREN』は輸入が楽に!日本人スタッフ対応~保証まで万全

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スマートフォン

More

タブレット

More
Return Top